ハン・イェリ、映画「ミナリ」への愛情を伝える“たくさんの事を学んだ…美しい作品”

MYDAILY |

写真=「Singles」
ライフスタイルマガジン「Singles」が、世界が注目している映画「ミナリ」でモニカ役を演じた女優ハン・イェリの、爽やかなビジュアルのグラビアを公開した。ハン・イェリはアカデミー賞の6部門にノミネートされた「ミナリ」を通じて、心を込めた演技と繊細な感情表現で絶賛された。

彼女は「Singles」5月号のグラビアを通じて、以前とはギャップのある一風変わったコンセプトを完璧に着こなし、見るだけでも楽しくなる“人間ビタミン”のようなグラビアを完成させた。遊園地を連想させるユーモラスな小道具はもちろん、パステルトーンのドレスから上品な印象を与える緑のロングスカートまで、多彩な色を自由自在に着こなして現場のスタッフたちを感心させたという。

商業映画デビュー10年目になったハン・イェリにとって、今年はどんな時よりも特別なものになった。

「10年ほど経つと、何でも確実になるだろうと思っていた」と言った彼女は「商業映画に出演し始めた時、『10年後には何でも見えるだろう』と漠然と思っていた。何でもその程度の時間を投資したら進む道、方向が見え始めるんじゃないかなと思っていた。少なくとも最初のように迷ったりはしない」と、大人しくて謙遜した態度を見せた。

同僚として、また後輩として尊敬する女優ユン・ヨジョンを思い出して「長い間、誠実に活動するということが、どれほど大切なのかを知った。先生のように、疲れることなく活動し続けたい。この先どうなるか分からないから、良い時に十分やっておきたい」と述べる彼女の目から、先輩俳優への尊敬の意と演技に対する信念が感じられた。

国内外の各映画祭を席巻し、ユン・ヨジョンにアカデミー賞を初めて与えた映画「ミナリ」は、彼女にとってどんな意味だろうか。

アカデミー賞に参加することになるとは予想もできなかったと、ときめきを隠さなかったハン・イェリは「立派に成し遂げた人が韓国人でよかった。ゴールデングローブ賞やアカデミー賞のような、国際的な映画祭も準備しなければならないと思う。多様な人種と階層を描いた映画について、どのような態度を見せるべきかを」と、映画界が進むべき方向への考えを伝えた。

アカデミー賞の候補を発表する瞬間、歓声を上げて喜んだという彼女は「『ミナリ』は人生を歩む意志と愛に関する映画だ。私に多くのことを与えてくれた美しい映画だ。とてもよい人々もプレゼントしてくれた」と、作品と同僚への愛情を伝えた。

一方、1980年代にアメリカへ移民した韓国人家族の物語を描いた映画「ミナリ」で、希望をつなげていく人物モニカとして熱演を繰り広げたハン・イェリは、胸が温かくなる眼差しと演技で多くの人々に癒しを届け、国内外のメディアから“モニカそのもの”という賛辞を受けた。

特に、映画のメインOST(挿入曲)である「Rain Song」を歌って、演技と舞踊、音楽に至るまで多方面での才能をアピールした彼女は、最近アメリカのマネジメント社であるECHO LAKE ENTERTAINMENTと契約を締結。今後も活発な活動を続けていく予定だ。

自分ならではのスピードで着実に前に進んでいる女優ハン・イェリのビジュアルグラビアは、「Singles」5月号と同誌のウェブサイトを通じて確認できる。

記者 : ヤン・ユジン