イ・ボヨン&キム・ソヒョン出演、新ドラマ「MINE」ハイライト映像を公開…不穏な雰囲気

Newsen |

写真=tvN「MINE」ハイライトキャプチャー
「MINE」が強烈なスタートを告げた。

韓国で5月8日に放送がスタートするtvNの新土日ドラマ「MINE」が、ハイライト映像を公開した。ヒョウォングループを背景に、次男の嫁ソ・ヒス(イ・ボヨン)と長男の嫁チョン・ソヒョン(キム・ソヒョン)が繰り広げるストーリーに視線が集まる。

まず、血の色に染まった豪邸で、修道女のエマ(イェ・スジョン)が「私が見ました。血を流して死んでいました! 殺人事件です!」と叫び、恐怖で目と耳を圧倒する。最初から“誰が”“なぜ”死んだのかという問いを視聴者に投げかけ、強烈な序幕を知らせている。

さらに上流階級の威厳を感じさせる雄壮で華やかな邸宅が登場し、ソ・ヒスとプライベートチューターのカン・ジャギョン(オク・ジャヨン)が初めて会うシーンが意味深長に描かれる。

無垢で明るい笑顔のソ・ヒスとは逆に、何か隠しているようなカン・ジャギョンの態度からは、不審な部分が見受けられる。家の中の空間を何気なく侵犯し、ヒスの息子ハン・ハジュン(チョン・ヒョンジュン)を眺める目も尋常ではなく、さらにミステリアスな雰囲気を与える。

続けて、ヒョウォングループの長孫ハン・スヒョク(VIXXのエン)とメイドとして入ったキム・ユヨン(チョン・ソブン)の偶然な出会いが胸をときめかせる。絵のように美しい庭園を背景にお互いを見る2人の男女の視線が、妙な雰囲気を演出する。

ここに「入れるんじゃなかった……ユヨンっていう子」というチョン・ソヒョンの言葉から不安が感じられることはもちろん、ソ・ヒスもカン・ジャギョンに不満の色を見せている。それだけでなく、カン・ジャギョンへの疑念を振り切ることができず、興奮したソ・ヒスと、さらに冷たくなったチョン・ソヒョンの変化が、今後起きる事件の最初の戦いを知らせる。

このように「MINE」のハイライト映像は、流麗な映像と緊張感あふれる展開、様々な人物の登場でストーリーへの期待を高めている。カン・ジャギョン、キム・ユヨンという見知らぬ異邦人たちが、平和な日常を過ごしていたソ・ヒスとチョン・ソヒョンの人生にどのような嵐をもたらすだろうか、初放送への期待を高める。

世の中の偏見から脱して、本当の自分を探していく強い女性たちの物語を描くtvNの新ドラマ「MINE」は、「ヴィンチェンツォ」の後番組で5月8日午後9時から放送がスタートする。

記者 : イ・ミンジ