キム・レウォン&イ・ジョンソク&ASTRO チャウヌ、映画「デシベル」出演決定…豪華共演に早くも期待

OSEN |

写真=各所属事務所
俳優のキム・レウォンとイ・ジョンソク、チョン・サンフン、パク・ビョンウン、イ・サンヒ、チョ・ダルファン、そしてASTROのチャウヌが、映画「デシベル」(仮題)への出演を決定し、20日に初の撮影を開始した。

「デシベル」(監督:ファン・インホ)は、音に反応する特殊爆弾で都心を占拠しようとするテロリストと、そのターゲットとなった海軍の副艦長出身の男性が半日間で繰り広げる都心テロアクション映画だ。

キム・レウォンは、映画「監獄の首領」「最も普通の恋愛」「英雄都市」、そして最近のドラマ「LUCA」まで、作品ごとにロマンチックな雰囲気と圧倒的なカリスマ性を披露しながら、代替不可能な幅広い演技スペクトルを見せている。今回の作品では、都心に仕掛けられた音爆弾テロを防ぐために奮闘する海軍中佐役を務め、犯人の脅迫の中でも最後まで爆弾を追う、キム・レウォン特有の圧倒的で強烈なキャラクターに変身する予定だ。

イ・ジョンソクは今回の映画で、海軍大尉役を務める。潜水艦で乗組員たちと苦楽を共にしながら培ってきた戦友愛を通じて、訴えかけるような感情の演技を披露する予定だ。また、イ・ジョンソクは映画「魔女2」に続いて、「デシベル」の出演を決め、新しいキャラクターに変身し、今後も本格的な作品活動を予告している。キム・レウォンとイ・ジョンソクは、今回の映画を通じて事件の真実を暴いていく抜群の演技を見せるものと期待されている。

ドラマ「私のIDはカンナム美人」「新米史官ク・ヘリョン」「女神降臨」で主演を務め、安定した演技力を見せているチャウヌは、デビュー後初の映画「デシベル」で若くて信念のある海軍に扮し、敏感な聴力で潜水艦のソナー音を聞く探査員として、ドラマとは差別化された演技を見せるものと期待を集めている。

安定した演技の実力で、映画、ドラマ、ミュージカルジャンルを行き来しながら完璧なキャラクターの表現力を見せてきたチョン・サンフンは、劇中でキム・レウォンを助けて一緒に爆弾テロを阻止するために都心を走り回る記者役を務め、劇に特別な楽しさを届ける。1998年にSBSドラマでデビューし、今年デビュー24年目のチョン・サンフンは、劇中でミリタリーオタクの熱血記者に変身し、一般人だが軍人に負けない軍人精神を見せる予定だ。

韓国で15日に公開された映画「SEOBOK/ソボク」で冷血漢の姿を繊細な演技で披露し、強烈な存在感を見せたパク・ビョンウンは、今回の「デシベル」では爆弾テロ事件を暴く軍事安保支援司令部(安保司)の部長役を務め、緊張感を高める予定だ。

これまでドラマと映画で活動し、看護士、図書館司書、検事など、任せられたキャラクターごとに驚くほどの没入感と強烈な演技を見せたイ・サンヒは、今回の映画では副艦長の妻で、EOD爆弾処理チームの上等兵曹役として、都心の音爆弾を落ち着いて処理するイ・サンヒ特有のカリスマ性を見せる予定だ。

出演する作品ごとに強力な存在感を見せるチョ・ダルファンは、今回の映画では海軍上等兵曹役として、愉快なムードメーカーを担当するが、その後に最も変化した姿を見せるミステリアスなキャラクターを演じる。

「デシベル」は差別化された題材とストーリーを通じて、“韓国最高のクロスジャンルの職人”とされるファン・インホ監督が「恋は命がけ」「その怪物」に続いて3作目に演出する都心テロアクション映画だ。韓国最高の潜水艦専門家と化学爆弾、爆破専門家の生々しい諮問を通じて、実際に大規模都心テロの発生を彷彿させる爆破シーンと、これを阻止しようとする主人公たちの追跡をリアルに描く予定だ。

・「LUCA」キム・レウォン、放送終了を迎えて視聴者に感謝のメッセージ“最善を尽くしました”

・ASTRO チャウヌ、ピンクヘアもよく似合う…漫画から出てきたようなビジュアルが話題

記者 : ソン・ミギョン