主演ソ・イェジを擁護も…映画「明日の記憶」ソ・ユミン監督、キム・ジョンヒョンに関する発言に非難の声

OSEN |

写真=OSEN DB
映画「明日の記憶」の監督が、主演女優のソ・イェジを庇うような発言で俳優のキム・ジョンヒョンを非難した。

23日に放送されたPodcast「チョン・ヨンジン&チェ・ウクのメブル(毎日が燃える金曜日)ショー」に、映画「明日の記憶」の演出を手掛けたソ・ユミン監督が出演した。

「明日の記憶」で主演を務めているソ・イェジは最近、元恋人のキム・ジョンヒョンへの“束縛説”が浮上し議論になった。その後、大学の学歴詐称疑惑、学生時代のいじめ疑惑、スタッフへのパワハラ疑惑など、過去の言動による議論が続いている。

そんな中、ソ・ユミン監督はソ・イェジの態度を擁護しながら、プライベートで親交が全くないキム・ジョンヒョンを非難する発言をした。

MCのチェ・ウクが「ソ・イェジさんが相手役を変えてほしいとか、スキンシップのシーンをなくしてほしいと言ったと聞いたが、難しくはなかったか」と聞くと、ソ・ユミン監督は「(ソ・イェジは)演技に対する情熱が強く、素直で脚本に忠実だった。たくさん練習して、何か一つ修正することさえも躊躇していた」と答えた。

写真=映画「明日の記憶」制作報告会
これに対し、チェ・ウクは「自分の作品はそのようにして、恋人(キム・ジョンヒョン)の作品には意見を言ったり、ひどい話だな」とし、メディアに公開された交際当時の2人のメール内容に言及した。

ソ・ユミン監督は「変えてと言われて変える人の方が問題じゃないか」と話し、「スキンシップをするな」「(共演者たちに)冷たく接するように」などと恋人に指示したソ・イェジより、それを受け入れたキム・ジョンヒョンの方が問題であるというようなニュアンスの発言をした。

ソ・イェジへの世間の怒りとイメージが良くない状況で、彼女とキム・ジョンヒョンを比較して非難したソ・ユミン監督に対し「公の場で言うべきではない」という指摘が出ている。

・ソ・イェジ、学歴詐称を疑う声が続く中…ク・ヘソンのインスタに注目が集まった理由とは

・ソ・イェジ、パワハラ疑惑浮上も…擁護するスタッフの登場にネットユーザーの反応は?

記者 : ハ・スジョン