キム・ゴウンからアン・ボヒョンまで、新ドラマ「ユミの細胞たち」に出演決定…原作は大ヒットウェブ漫画

MYDAILY |

写真=BHエンターテインメント、FNエンターテインメント
キム・ゴウン、アン・ボヒョン、イ・ユビ、パク・ジヨンが、新ドラマ「ユミの細胞たち」を通じて視聴者にときめきを届ける。

ケーブルチャンネルtvN新ドラマ「ユミの細胞たち」の関係者は27日の午前「キム・ゴウン、アン・ボヒョン、イ・ユビ、パク・ジヨンが出演を決定し、撮影に突入する」と伝えた。

シーズン制で制作される「ユミの細胞たち」は、平凡な会社員であるユミ(キム・ゴウン)の恋愛と日常を、頭の中の細胞たちの視点で愉快に描き出した細胞単位心理ロマンスだ。理性、感性、愛、欲望など多彩な細胞たちが作り出す流れによってユミが愛して、成長する過程を盛り込む。ドラマ「知ってるワイフ」「ショッピング王ルイ」などを通じて、感覚的な演出を披露したイ・サンヨプ監督がメガホンを取った。ここに「アルハンブラ宮殿の思い出」「W-君と僕の世界-」など独創的でしっかりした筆力で絶対的な信頼を集めているソン・ジェジョン脚本家がクリエーターとして参加し、「その男の記憶法」「二十歳」などを通じて人気を博したキム・ユンジュと新人脚本家のキム・ギョンランが執筆を務める。

原作であるNAVERウェブ漫画「ユミの細胞たち」は、2015年に連載がスタートし、累積閲覧回数32億回という驚くべき記録を達成した大ヒットウェブ漫画だ。細胞を擬人化するという奇抜な発想と、ユミの日常を斬新に描いた物語が多くの人々から愛されている。意識の流れを左右する多様な細胞たちの活躍と、現実味を生かした原作の繊細な表現を最大限に表現するため、実写とアニメーションを組み合わせた斬新なフォーマットで制作される。愉快で可愛らしい細胞たちに立体感を与えるアニメーションが、ドラマファンをはじめ、ウェブ漫画のファン心を揺るがすものと期待される。

ドラマの制作決定が伝えられると同時にネット上を盛り上げたユミ役は、キム・ゴウンが演じる。彼女は日常が退屈である平凡なサラリーマンだ。キム・ゴウンは過去の失恋のショックで昏睡状態に陥った“恋愛細胞”を目覚めさせようとする他の細胞たちの姿を、現実の中のユミの成長と変化で繊細に描き出す。ユミの頭の中の世界、愛と日常を覗き込み、眠っていたそれぞれのプライム細胞(人を代表する細胞)を知っていく過程が見どころだ。「ザ・キング:永遠の君主」「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」「チーズ・イン・ザ・トラップ」など各作品で共感を集める最高のキャラクターを演じてきたキム・ゴウンが表現するユミに、早くから期待が集まっている。

大ブレイク中の俳優として注目を集めているアン・ボヒョンは、正直で淡白なアルゴリズムの“Yes or No”の考え方を持つゲーム開発者ク・ウン役に変身する。骨の髄まで工大生である彼は、深く考えない特有の単純で正直さを武器に、ユミの恋愛細胞を刺激するだけでなく、視聴者にときめきまで届ける。「カイロス」「梨泰院クラス」などを通じて強烈な存在感を発散したアン・ボヒョンの演技に、期待が高まっている。

イ・ユビは、様々な恋愛スキルを備えた生意気なルビーに変身する。各恋愛スキルを身につけたルビーは、恋愛の前ではキツネ女だが、自分の味方と思ったらしっかりと面倒を見る情の多いエネルギッシュな若者だ。予測できない性格で人々を困惑させるが、決して憎むことができない魅力の持ち主だ。イ・ユビ特有の爽やかで溌剌とした魅力で、キャラクターを表現する予定だ。

ビジュアルと能力、野心までが最高レベルであるク・ウンのずるい女友達セイは、パク・ジヨンが演じる。最高のゲームアートディレクターを夢見て今日も前に進むセイは、誰もが憧れる理想の女友達だ。ク・ウンとの曖昧な友情でユミとライバル関係として登場し、劇に緊張感を与える。「ブラームスが好きですか?」「新米史官ク・ヘリョン」などで演技力を証明して、ライジングスターとして浮上したパク・ジヨンの活躍にも関心が集められる。

「ユミの細胞たち」の制作陣は「原作の妙味を最大化するため、実写とアニメーションを組み合わせた。エピソード形式の新たなフォーマット、一つのシーズンを14話で構成したシーズン制ドラマとして準備している」とし「共感を引き出すと同時に、これまで見ることができなかった新しい映像で視聴者に会う予定だ。個性の強いキャラクターを、本人ならではのカラーで描き出す俳優たちのシナジー(相乗効果)にも期待してほしい」と伝えた。

「ユミの細胞たち」は、韓国で今年下半期にTVINGとtvNで同時配信される。

・キム・ゴウン、デビュー9周年記念!SNSでお祝いショットを公開

・「カイロス」アン・ボヒョン“一番覚えているのはナム・ギュリとのキスシーン”

記者 : キム・ナラ