イ・グァンス、11年間出演した人気バラエティ「ランニングマン」を降板へ…事務所がコメント

MYDAILY |

写真=マイデイリー DB
俳優のイ・グァンスが、11年間にわたり出演してきたSBSバラエティ番組「ランニングマン」から降板する。

27日、所属事務所のキングコング by STARSHIPは、イ・グァンスの「ランニングマン」降板を知らせ「イ・グァンスは昨年発生した事故による負傷で、着実にリハビリを続けてきたが、最高のコンディションを維持するのが簡単ではなかった」と明かした。

続いて「事故以来、共演者たちとスタッフ、そして所属事務所と話し合った末に、心身ともに回復する時間が必要だという結論に至った」と説明した。

イ・グァンスは昨年2月、交通事故により右足首骨折の診断を受けた。当時、個人スケジュールで移動中、信号無視の車による事故に巻き込まれて負傷し、「ランニングマン」の収録に不参加になる日もあった。

その後、彼は治療を受け、松葉杖とギプス姿で番組にサプライズ登場するなど、「ランニングマン」への愛情を示した。

イ・グァンスの最後の収録は5月24日の予定だ。

・イ・グァンス、強烈な眼差しのグラビアを公開…独歩的な魅力をアピール

・EXO セフン&イ・グァンス、まるで兄弟のようなツーショットを公開…仲良く寄り添う姿にほっこり

【キングコング by STARSHIP 公式コメント全文】

こんにちは。キングコング by STARSHIPです。

イ・グァンスが5月24日の収録を最後に、SBS「ランニングマン」を降板することをお知らせします。

イ・グァンスは昨年の事故による負傷で、安定したリハビリを続けてきましたが、撮影時に体調を維持することが困難な部分がありました。事故後、共演者や制作陣、所属事務所との長い議論の末、心身ともに回復する時間が必要であるという結論に至りました。

11年という長い時間、苦楽を共にした番組であり、降板を決定するのは容易ではありませんでしたが、今後の活動でより良い姿をお見せするための時間が必要であると判断しました。

これまで「ランニングマン」を通じて、彼に送ってくださった多くの関心と愛情に心より感謝を申し上げ、今後元気で明るい姿で挨拶いたします。

ありがとうございます。

記者 : イ・スンロク