元RAINBOW ジスク、新ドラマ「イミテーション」に出演決定…スタイリストに変身

OSEN |

写真=STARITエンターテインメント
元RAINBOWのジスクが、KBS新ドラマ「イミテーション」に出演する。

所属事務所STARITエンターテインメントは23日、「ジスクがKBS 2TV新ドラマ『イミテーション』(脚本:キム・ミンジョン、チェ・ソニョン、監督ハン・ヒョンヒ)にスタイリスト室長ウンジン役で出演する」と明らかにした。

「イミテーション」はアイドルが100万人いると言われる時代に、本物を目指す全てのスターたちを応援する韓国のアイドルたちに捧げる物語で、同名のウェブ漫画を原作にし、放送前から話題を呼んでいる。

ジスクは、劇中でスタイリスト室長のウンジン役を務めて、カリスマあふれる専門家として、ジハク(デニー・アン)らティーパーティーのメンバーたちと共演する予定だ。普段から類まれなファッションセンスを見せてきたジスクのドラマの中のスタイリングはどんなものになるか、ドラマを通じて視覚的な楽しさも予告しており、より一層期待を高めている。

2009年、RAINBOWのミニアルバム「Gossip Girl」でデビューしたジスクは、アルバム活動のほかにも、バラエティ、ドラマ、映画、広告、ラジオ、MC、OST(挿入歌)アルバムへの参加など、様々な分野で魅力と才能をアピールし、着実に活動の領域を広げてきた。

その他にも料理、メイク、カリグラフィー、ゲームなど、多様な趣味と才能を持つ彼女は最近、冷蔵庫管理アプリ「冷蔵庫ドゥンオ」を開発し、多方面での才能でファンたちから多くの関心と支持を受けており、今回のドラマで見せる活躍にも関心が集まっている。

ジスクが出演を決定したKBS新ドラマ「イミテーション」は、5月7日午後11時20分に韓国で放送がスタートする。

記者 : パク・パンソク