PENOMECO、キム・ヒョナ&Jessiらと同じ事務所に!PSYが代表を務めるP NATIONと専属契約を締結

MYDAILY |

写真=P NATION
シンガーソングライターPENOMECOがP NATIONと専属契約を締結した。

本日(20日)、P NATIONの関係者は「最近、PENOMECOと専属契約を締結した」と伝えた。

これに先駆けてP NATIONの公式SNSを通じて、ベールに包まれていた新しいアーティストの顔がカーテンの間に一部公開された。好奇心を刺激したP NATIONの8人目のアーティストはPENOMECOだった。

2014年にデビューした彼は、「23」「For you」「FILM」「Garden」「Tempo」「if.」「ODD」など、多数のアルバムを発売し、自分ならではの領域を構築してきた。

Block Bのジコ、DEAN、milic、Stay Tunedと共にヒップホップクルーFANXY CHILDのメンバーとしても活動して、多彩な音楽的活動を展開。ユニークなボイスと安定的なラップをベースにトラップ、ブーム・バップ、歌唱などすべての部分で圧倒的な実力を誇る“オールラウンダー”アーティストとして選ばれる。

特に抜群のプロデュース能力でJessiの「NUNU NANA」、EXOの「Tempo」、GOT7の「Boom x3」、Red Velvetの「Taste」、NCT Uの「Make A Wish」、ITZYの「ICY」など数多くのアーティストとアイドルグループの曲作業に参加して、韓国のトッププロデューサーとして活発に活動している。

現在、P NATIONには代表PSYをはじめ、Jessi、キム・ヒョナ、Crush、DAWN(元PENTAGONのイドン)、Heize、D.Arkが所属。またSBSの超大型グローバルオーディション番組「LOUD:ラウド」を通じて、初のボーイズグループ誕生を目指している。このような状況でPENOMECOを新しいアーティストとして迎え入れたP NATIONの、一風変わった歩みにも関心が集められる。

PENOMECOはこの日の午後6時、各音楽配信サイトを通じてニューEPアルバム「Dry Flower」を発売して、本格的な活動に乗り出す。今回のアルバムにはタイトル曲「JAJA」をはじめ、計10曲が収録された。P NATIONで新たに出発するようになった彼が、どんな音楽でリスナーたちの感性を刺激するのか期待を高める。

・キム・ヒャンギ、PENOMECOの新曲「JAJA」MVに特別出演…広大な宇宙空間に注目

・PENOMECO、ニューアルバム「Dry Flower」でカムバック!Hoody&Verbal Jintらがフィーチャリングに参加

記者 : カン・ダユン