キム・アジュン、新ドラマ「ゼロ」のヒロインに抜擢?関係者がコメント

Newsen |

写真=Newsen DB
女優キム・アジュンが新ドラマ「ゼロ」への出演を議論している。

ドラマ「ゼロ」の関係者は本日(16日)、Newsenを通じてキム・アジュンのヒロイン抜擢と関連し「出演を議論している」と明かした。

同作品は、SFと追跡スリラーが組み合わせられたドラマだ。映画「鬼手」のリ・ゴン監督が演出、「秘密の森」シリーズを書いた脚本家のイ・スヨンが脚本を手掛けるという。また、エースファクトリーが制作を担当し、韓国ローンチを準備しているディズニープラスで公開されることが知られている。ソ・ガンジュン、イ・シヨン、キム・ムヨルらが出演を検討中だ。

キム・アジュンが出演を確定すると、韓国で2017年に放送されたtvN「医心伝心」以来、約4年ぶりのドラマ復帰となる。

記者 : キム・ノウル