イ・ジフン、ドラマ「月が浮かぶ川」放送終了を控え…SNSで思いを語る

Newsen |

写真=イ・ジフン Instagram
俳優のイ・ジフンが「月が浮かぶ川」の終了を控えて、残念な気持ちを表した。

イ・ジフンは4月15日、自身のInstagramに「もういつの間にか最後が近づいてきていますね。ピョンガン姫様にしっかり仕えて、笑いたかったのに。最後までよろしくお願いします」という書き込みとともに写真を掲載した。

公開された写真でイ・ジフンは「月が浮かぶ川」の撮影現場で、キム・ソヒョンと仲良くポーズを取っている。彼は、キム・ソヒョンを指差し、キム・ソヒョンも掌をイ・ジフンの方に向けて広げて親交をアピールした。カメラに向かって微笑んでいる2人の眩しいビジュアルが人々を感嘆させる。

書き込みを見たネットユーザーたちは「ご苦労様でした」「いけません。コ・ゴン(イ・ジフンの役名)離せません」「ピョン・ゴン(ピョンガン+コ・ゴン)失いたくない」などのコメントを寄せた。

イ・ジフンはKBS 2TV「月が浮かぶ川」で、ピョンガン姫(キム・ソヒョン)を愛した、コ・ウォンピョ(イ・ヘヨン)の長男コ・ゴン役で出演した。「月が浮かぶ川」は、高句麗が人生のすべてだった王女のピョンガンと、愛を歴史にした将軍のオンダル(ナ・イヌ)の運命に屈しない純愛を描く時代劇で、韓国で4月20日に放送終了を控えている。

記者 : イ・ハナ