イ・ビョンホン&パク・ソジュン&パク・ボヨン出演、映画「コンクリートユートピア」本日より撮影開始

MYDAILY |

写真=ロッテエンターテインメント
俳優のイ・ビョンホン、パク・ソジュン、パク・ボヨンが本日(16日)、映画「コンクリートユートピア」の最初の撮影に参加した。

映画「コンクリートユートピア」(監督:オム・テファ)は、大地震で廃墟になってしまったソウルで、唯一残った「皇居アパート」に生存者たちが集まったことで始まる物語を描いたスリラーだ。2014年の連載以来、好評を受けたキム・スンニュン作家のウェブ漫画「愉快ないじめ」の2部「愉快な隣人」を原作に、新たに脚色した作品だ。

劇中でイ・ビョンホンは、危機的状況の中、優れた決断力と行動力で皇居アパートを率いる臨時の住民代表ヨンタク役を演じる。彼は外部の人間からアパートを守るためには、どんなリスクも厭わないリーダーだ。イ・ビョンホンの安定的な演技力と特有のカリスマ性で、一層印象深いキャラクターを披露する予定だ。

映画とドラマを行き来しながら興行を引っ張ってきたパク・ソジュンは、ヨンタクの目に留まり、彼の心強いサポーターになるミンソンに変身する。ミンソンは誠実な夫であり公務員だったが、危機に直面して大胆に変化していく人物だ。パク・ソジュンは立体的なキャラクターを、リアルに描き出す予定だ。

“国民の初恋”ブームを巻き起こしたパク・ボヨンはミョンファ役を演じ、2018年の「あなたの結婚式」以来、映画にカムバックする。ミョンファはミンソンの妻であり元看護師で、極限の状況でも冷静に怪我人の面倒を見るキャラクターだ。人間味と強さを持った魅力的なキャラクターを通じて演技による変身を図る。

最近、俳優たちと制作陣が集まって初めて台本読み合わせを行ったことに続き、本日(16日)より撮影に突入する。

イ・ビョンホンは「オム・テファ監督をはじめ、パク・ソジュンさん、パク・ボヨンさんなど、ほとんどの俳優たちと初めて共演することになって心がときめいて期待もしている」と伝えた。

パク・ソジュンは「新しいジャンルに挑戦することになってワクワクしている。皇居アパートという空間、その中で生きていく人々と事件の中で変化していくミンソンの感情に魅力を感じた。観客によい作品をお見せできるよう精いっぱい頑張る」と伝えた。

パク・ボヨンは「『コンクリートユートピア』に出演することになって嬉しく、撮影に最善を尽くして臨む。台本の読み合わせからシナリオで読んでいたそれぞれのキャラクターたちがリアルに感じられるほど、雰囲気が良かった。撮影が楽しみで、素晴らしい俳優の方々とご一緒にすることを楽しみにしている。勉強になる現場になると思うし、より一生懸命に準備し、よい作品を作りたい」と伝えた。

ロッテエンターテインメントとクライマックスタジオ(旧レジンスタジオ)は、映画「コンクリートユートピア」を皮切りに、大地震の後の世界、生き残った人々の物語を映画、ドラマなど多様なコンテンツで企画、開発する。それぞれ異なるストーリーとジャンル、各作品の特色に合わせて、様々なプラットフォームで観客と視聴者に会う予定だ。

記者 : キム・ナラ