キム・スヒョン&ソン・ジュンギもノミネート!「第57回百想芸術大賞」最終候補者を公開

Newsen |

「第57回百想芸術大賞」授賞式のテレビ・映画・演劇部門の候補が公開された。

4月12日午前、百想芸術大賞の事務局は公式報道資料およびホームページを通じて1年間テレビ・映画・演劇部門で活躍した部門別の最終広報者(作)を発表した。

まず、テレビ部門の作品賞にはドラマ「怪物(JTBC)」「サイコだけど大丈夫(tvN)」「悪の花(tvN)」「(知っていることはあまりないけれど)家族です(tvN)」「人間レッスン(Netflix)」がノミネートされた。バラエティ部門の作品賞候補には「アリは今日もトゥントゥン(カカオTV)」「遊ぶなら何する?(MBC)」「シングアゲイン(JTBC)」「ユ・クイズ ON THE BLOCK(tvN)」「伝説の舞台アーカイブK(SBS)」まで、様々なチャンネルの番組がノミネートされた。教養部門には「建築探究-家シーズン3(EBS)」「尾に尾をつけるその日の物語(SBS)」「アーカイブプロジェクト-モダンコリア2(KBS 1TV)」「差のあるクラス-質問あります(JTBC)」「世紀の対決 AI vs 人間(SBS)」が選ばれた。

最優秀演技賞部門は、いつものように競争が激しい。男子部門では俳優キム・スヒョン(tvN「サイコだけど大丈夫」)、ソン・ジュンギ(tvN「ヴィンチェンツォ」)、シン・ハギュン (JTBC「怪物」)、オム・ギジュン(SBS「ペントハウス」)、イ・ジュンギ(tvN「悪の花」)がノミネートされた。女子部門はキム・ソヨン(SBS「ペントハウス」)、キム・ソヒョン(KBS 2TV「月が浮かぶ川」)、ソ・イェジ(tvN「サイコだけど大丈夫」)、シン・ヘソン (tvN「哲仁王后」)、オム・ジウォン(tvN「産後養生院」)がノミネートされ“百想のクィーン”を狙う。

助演部門にはキム・ソンホ(tvN「スタートアップ」)、キム・ジフン(tvN「悪の花」)、オ・ジョンセ(tvN「サイコだけど大丈夫」)、イ・ヒジュン (tvN「マウス」)、チェ・デフン(JTBC「怪物」)が男子助演賞の候補に名を上げた。女性部門には、パク・ハソン(tvN「産後養生院」)、シン・ウンギョン(SBS「ペントハウス」)、ヨム・ヘラン(OCN「悪霊狩猟団:カウンターズ」)、チャン・ヨンナム(tvN「サイコだけど大丈夫」)、チャ・チョンファ(tvN 「哲仁王后」)がノミネートされた。

一生一度だけの新人賞の光栄は、誰のものになるだろうか。男子候補にはキム・ヨンデ(SBS「ペントハウス」)、ナ・イヌ(KBS 2TV「月が浮かぶ川」)、ナム・ユンス(Netflix「人間レッスン」)、ソン・ガン(Netflix「スイートホーム)、イ・ドヒョン(JTBC「18アゲイン」)、そして女子候補にはキム・ヒョンス(SBS「ペントハウス」)、パク・ギュヨン(Netflix「スイートホーム」)、イ・ジュヨン(OCN「タイムズ」)、チェ・ソンウン(JTBC「怪物」)がそれぞれ候補に挙がった。

1年間、新型コロナウィルスで疲れた国民を笑わせてくれたバラエティ賞の男女候補も華やかだ。「1泊2日」「美味しい奴ら」などで活躍しているムン・セユン、長寿番組の「不朽の名曲」「みにくいうちの子」などをリードするシン・ドンヨプ、「遊ぶなら何する?」「シックスセンス」などで大胆な変化を試みたユ・ジェソク、「チプサブイルチェ」「犯人はお前だ!3」など演技とバラエティを行き来するイ・スンギ、「ユ・クイズ ON THE BLOCK」チョ・セホが男子部門にノミネートされた。女子は「探してほしい!ホームズ」「恋愛のおせっかい」などに出演しているキム・スク、「独立万歳」「屋根部屋の問題児たち」のソン・ウニ、「私は一人で暮らす」「1号にはなれない」のチャン・ドヨン、「独立万歳」「女高推理班」「全知的おせっかい視点」「最近の育児ー大切な我が子」のホン・ヒョニが名前をあげた。

映画界はいつにも増して厳しい1年であったが、それにもかかわらず多彩な作品を通じて観客に会い、意味のあるコミュニケーションを続けてきた。そんな映画部門の作品賞には「夏時間」「ただ悪から救ってください」「サムジンカンパニー1995」「音もなく」「玆山魚譜」がノミネートされ、この作品を演出した監督たちは監督賞候補にもノミネートされた。

最優秀演技賞部門は、歳とは関係なく力ある俳優たちの活躍が目立った。ピョン・ヨハン(「玆山魚譜」)、ユ・アイン(「音もなく」)、イ・ジョンジェ(「ただ悪から救ってください」)、チョ・ジヌン(「消えた時間」)が男子最優秀演技賞の候補に、そしてコ・アソン(「サムジンカンパニー1995」)、キム・ヘス(「私が死んだ日」)、ムン・ソリ(「三姉妹」)、イェ・スジョン(「69歳」)、チョン・ジョンソ(「コール」)が女子最優秀演技賞の候補に選ばれた。

今年の助演部門は主演に劣らない存在感をアピールした俳優たちが、多くノミネートされた。男子助演賞はク・ギョファン(「半島」)、パク・ジョンミン(「ただ悪から救ってください」)、シン・ジョングン(「鋼鉄雨2:首脳会談」)、ユ・ジェミョン(「音もなく」)、ホ・ジュノ(「潔白」)がノミネートされ、女子助演賞はキム・ソニョン(「三姉妹」)、「ペ・ジョンオク」(「潔白」)、イレ(「新感染半島 ファイナル・ステージ」)、イ・ソム(「サムジンカンパニー1995」)、イ・ジョンウン(「私が死んだ日」)がノミネートした。

全世代が含まれたといっても無理のない新人賞は、最も興味深い部門だ。男子新人賞候補にはキム・ドユン(「新感染半島 ファイナル・ステージ」)、リュ・スヨン(「鋼鉄の雨2:首脳会談」)、パク・スンジュン(「夏時間」)、イ・ポングン(「ソリクン」)、ホンギョン(「潔白」)が、女子新人賞候補にはパク・ソイ(「ただ悪から救ってください」)、シン・ヘソン(「潔白」)、チャン・ユンジュ(「三姉妹」)、f(x) クリスタル(「エビギュファン」)、チェ・ジョンウン(「夏時間」)がノミネートされ、ときめきを抱いて百想へ向かう。

復活した演劇部門は、3年目を迎えて安定期を試みる。公演界も無事に作品を上演したことだけで拍手されるべき1年を過ごした。

昨年、初めての受賞者を輩出した百想演劇賞の候補は今年「象形文字模様の帽子をかぶった頭たち」(劇団 トン/作品)、「ワンソゲ物語」(劇団 ペダ/作品)、「私たちは冗談(じゃない)だ」(劇団ここは当然に、劇場/作品)、ユン・ヘスク(「乾いた大地」/演出)、イ・ヤング(「どうしようもない行き詰まりの道で」/作家)が選ばれた。

若い演技賞の候補はコ・ジュヨン(「演劇練習3劇作練習:魚として死ぬこと」/企画)、キム・プンニョン(「膝を掻いたのに脇がピリッとして」/作、演出)、チョン・ジンセ(「2021 大学修学能力試験統合社会探究領域」/作、演出)、「痛くてもすまなくはありません」 (劇団異なる体たち/作品)、「2020 メガリアの娘たち」(劇団メドゥーサ/作品)」が候補となった。

既成俳優と新人俳優の境界がない演劇部門演技賞の男子候補にはパク・ワンギュ(「パウストエンディング」)、アン・ピョンシク(「XXLレオタードAnna sui手鏡」)、イ・サンホン(「Xの悲劇」)、チェ・スンジン(「私たちは冗談(じゃない)だ」)までの4人が選ばれた。女子演技賞の候補にはキム・ムンヒ(「象形文字模様の帽子をかぶった頭たち」)、キム・ジョンウン(「花煎歌」)、イ・ポンリョン(「ハムレット」)、チョ・ギョンラン(「私たちは冗談(じゃない)だ」)、チェ・ヒジン(「スターリンへのラブレター」)がノミメートされた。

写真=百想芸術大賞事務局
今年の百想芸術大賞は2020年5月1日から2021年4月11日まで、地上波・総合編成チャンネル・ケーブル・OTT・ウェブで提供されたコンテンツや、同じ時期に国内で公開された韓国長編映画および上演された演劇を対象としている。ただ、昨年の候補審査期間に排除された作品は、今年の審査対象と分類された。業界の多様な声を参考にするため最終候補者(作)の選定に先立ち、業界専門評価委員40人の事前アンケートを行っている。

韓国でテレビ・映画・演劇を網羅する唯一無二の総合芸術授賞式である「百想芸術大賞」は、5月13日午後9時からJTBCで生放送で行われる。新型コロナウィルス感染拡大の防止のため、無観客での授賞式となる予定だ。

記者 : ペ・ヒョジュ