チョン・イル&少女時代 ユリ主演、新ドラマ「ポッサム」ポスターを公開…切ないロマンスに期待

Newsen |

写真=MBN
「ポッサム」がチョン・イルと少女時代のユリのポスターを公開した。

MBNの新ドラマ「ポッサム-運命を盗む」(脚本:キム・ジス、パク・チョル、演出:クォン・ソクジャン、制作:JSピクチャーズ、elrise)は、身分の限界を越えた切ないロマンスから、王権と神権の激しい対立構図まで、“時代劇オタク”の好みにぴったりの題材で期待を集めている。

4月9日、ラブストーリーを引っ張るポッサム(朝鮮時代、男が寡婦を連れてきて再婚すること)業者のバウ(チョン・イル)と翁主(オンジュ:側室所生の王女)のスギョン(ユリ)のポスターが公開された。

まず、タフな雰囲気を醸し出すバウの陰りのある顔からは、人生の浮き沈みが感じられる。彼は、大北派の首長のイ・イチョム(イ・ジェヨン)によって家族が皆殺しにされて辛うじて生き残り、両班(ヤンバン:朝鮮時代の貴族)の身分を隠したままポッサム業者として暮らしている。深く孤独な眼差しと固く腕組みをしている様子が、恨みがこもった事情を抱いているようで謎めいている。

透き通った眼差し、美しい韓服姿のスギョンは、存在そのもので“翁主の品格”を見せている。政治的な密約でイ・イチョムの息子と結婚した後、初夜を過ごすこともできないまま若後家となり、しかもバウにポッサムされる、厳しい人生を経験する。翁主という高貴な身分に閉じ込めれているのにはもったいないスギョンの自由な魂が、ポッサム業者のバウによってどのように繰り広げられていくのか期待が高まる。

このように頭から足先まで全く異なる2人の男女は、「ポッサム」をきっかけに出会い、人生の荒波を一緒に乗り越え、共通項を育てていく予定だ。しかも、思いを寄せる女性が家を潰した敵の嫁という悲劇的な関係は、彼らの切ないロマンスに深みを増す見込みだ。

MBNは「身分を隠さなければならないバウとスギョンが、お互いを理解し合って痛みを分かち合い、切ないロマンスを届ける予定だ。眼差し1つでストーリーを完成させていくチョン・イルとユリ。そして2人が息を吹き込む切ない恋物語に、多くの関心と声援をお願いしたい」と伝えた。同作は韓国で5月1日午後9時40分に放送がスタートする。

記者 : ペ・ヒョジュ