「お!ご主人様」イ・ミンギ、AFTERSCHOOL ナナにストレートな告白

OSEN |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
イ・ミンギが、甘くストレートな告白でお茶の間を魅了した。

8日に韓国で放送されたMBC水木ミニシリーズ「お!ご主人様」第5&6話で、イ・ミンギは時には愉快に、時にはスイートに愛情表現をする、リアルなソムナム(ちょっと気になる男性)の姿で、視聴者の心をくすぐった。

先立って、ハン・ビス(イ・ミンギ)は、ストーカーの蛮行によりオ・ジュイン(AFTERSCHOOLのナナ)が危険に陷ったことに気付いた。彼はすぐに楽屋に向かい、消火器で更衣室に閉じ込められた彼女を救う迫力を見せた。そして恐怖に震えている彼女を抱きしめて、甘い雰囲気を醸し出した。

昨日放送された第5話でイ・ミンギは、いつもクールに話しながらも、甘い眼差しや声で妙な雰囲気を醸し出し、オ・ジュインに一歩近づいた感情を、ときめきいっぱいに描いた。また、オ・ジュインのナムサチン(ただの男友達)チョン・ユジン(CNBLUEのカン・ミンヒョク)に口をとがらせながら、かわいい嫉妬を表し、オ・ジュインの母親ユン・ジョンファ(キム・ホジョン)に細かく気を配る人間的な一面で視聴者を微笑ませた。

特にイ・ミンギは、“ラブコメディ職人”らしく甘いケミ(ケミストリー、相手との相性)を見せ、お茶の間を魅了した。オ・ジュインのために牛乳を温めた彼が「捨てるのはもったいないし、どうしよう! 捨てちゃおうか」ととぼけ、笑いを誘ったのだ。続いてオ・ジュインの唇についた牛乳を拭うために手を差し出した彼は、慌てたように揺れる眼差しで、ドキドキする雰囲気を醸し出した。

その一方で、同居中の子供たちの本音を調べるために母親のカン・ヘジン(イ・フィヒャン)とユン・ジョンファが取り持った合コンの場で、ハン・ビスはオ・ジュインに中低音の甘い声で、「僕、ジュインさんのことが好き」とストレートに告白し、視聴者をときめかせた。

また、第6話でオ・ジュインが同居中であることを隠すためにチョン・ユジンと嘘の熱愛説を流すと、ハン・ビスは落ち込んだ表情で寂しい気持ちを表した。また、ハン・ビスは白々しいタメ口でチョン・ユジンをイライラさせ、これ見よがしにオ・ジュインを「主人様」と呼びながら、いがみ合った。

しかし、バスケットボールをしていた途中で、オ・ジュインと手が触れ、はにかむような眼差しでくすぐったい雰囲気を醸し出した。イ・ミンギは嫉妬するハン・ビスのかわいい一面と、冷たいばかりと思われていたソムナムの純粋でギャップのある魅力を表現し、視聴者をときめかせた。

放送の終盤には、母親のユン・ジョンファが自分のことが分からないということに苦しむオ・ジュインを心から慰め、和やかな雰囲気にした。これに感動したオ・ジュインがキスをすると、ハン・ビスは丸くなった目で驚きを表し、本格的なロマンスの始まりを予告した。

このようにイ・ミンギは、一見冷たいように見えるが、信頼している人の前では誰よりも温かみのあるツンデレの一面を見せている。少年のようにはにかみながらも、優しい声で大人の男の魅力をアピールし、女性だけでなく男性の心まで掴んだ。

記者 : カン・ソジョン