ソ・イェジ主演、映画「明日の記憶」スチールカット公開…真実を暴くために奮闘するキャラクターに

Newsen |

写真=映画スチールカット
ソ・イェジの華やかなフィルモグラフィーにミステリー映画「明日の記憶」が追加される。

韓国で4月21日に公開される映画「明日の記憶」(監督:ソ・ユミン)は、記憶を失ってから未来が見えるようになり始めたスジンが、混乱した記憶のパズルを合わせていくにつれ、夫ジフンの衝撃的な実体と向き合うことになるミステリースリラーだ。

ソ・イェジはドラマ「君を守りたい~SAVE ME~」でインチキ宗教集団によって監禁された少女イム・サンミ役に扮し、強烈な印象を残した。特に彼女が異言を語るシーンは反響を呼び、忘れられない名シーンとなった。

映画「暗転」ではホラー映画を撮る新人監督ミジョンを演じ、自身の欲望に率直なキャラクターを誕生させた。ドラマ「サイコだけど大丈夫」では反社会性パーソナリティ障害の傾向がある児童文学作家コ・ムニョンという人物を通じて女優としての魅力を余すところなく披露した。

今回「明日の記憶」でソ・イェジが演じたスジンは、事故で記憶を失った後、人の未来が見えるようになり、未来の事故を防ぐため奮闘する人物だ。彼女は未来の中で殺人者の顔をした夫を疑い、真実を暴くスジンを説得力のある表現で披露し、没入感を高めることが期待されている。

映画「明日の記憶」は韓国で4月21日に公開される。

記者 : ペ・ヒョジュ