コン・ユ&パク・ボゴム主演、映画「徐福」トップクラスの制作陣が集結…豪華すぎると話題に

TVREPORT |

写真=CJ ENM
話題沸騰中の映画「徐福」は超豪華制作陣がタッグを組んだとして、期待が高まっている。

「徐福」は、人類初のクローン人間“徐福(パク・ボゴム)”を秘密裏に運ぶという、人生最後の任務を任された情報局要員ギホン(コン・ユ)が、徐福を狙う人々の様々な追跡の中で、予期せぬ状況に巻き込まれていくストーリーが描かれる。これまでの韓国映画に登場していない斬新なキャラクターと、それに相応しいビジュアルを形にするために撮影、美術、衣装、音楽、武術、編集、CGに至るまで、韓国映画のシーンを代表するトップレベルの制作陣がタッグを組んだ。

まず「軍艦島」「アシュラ」「悪魔を見た」「グッド・バッド・ウィアード」などで、アクティブでインパクトある撮影スタイルを披露したイ・モゲ撮影監督が、ギホンと徐福の触れ合いを描く叙情的なシーンから大迫力のアクションシーンまで、できる撮影技術をすべて用いて撮影したという。

「毒戦 BELIEVER」「観相師」「10人の泥棒たち」「ハウスメイド」の他、「パラサイト 半地下の家族」でアカデミー賞の美術賞候補にもなったイ・ハジュン美術監督が、巨大な船舶内部の実験室からみすぼらしい建物の中の最先端装備が整った空間まで、それぞれの空間に独特なコンセプトを設定して、ストーリーの世界観に観客を引き込む。また、「タクシー運転手~約束は海を越えて~」「弁護人」「新しき世界」「オールド・ボーイ」など存在感のある韓国映画に多数参加してきたチョ・ヨンウク音楽監督も参加し、キャラクターの感情をより繊細な音楽で表現して、深い余韻を与える。

さらに「神と共に」「お嬢さん」「暗殺」「タチャ」のチョ・サンギョン衣装監督、「白頭山大噴火」「毒戦 BELIEVER」「犯罪都市」「新感染 ファイナルエクスプレス」のホ・ミョンヘン武術監督、「インサイダーズ/内部者たち」「ベテラン」「弁護人」のキム・サンボム編集監督、「EXIT」「軍艦島」「新感染 ファイナルエクスプレス」のキム・ハンジュンVFX(視覚効果)スーパーバイザーが参加し、映画の完成度を高めた。

「徐福」の演出を務めたイ・ヨンジュ監督は「特殊効果、CG、アクションなど、これまでの演出作で経験がなかった部分があったため、撮影場で撮影監督、美術監督、照明監督、特効チームなど多くのスタッフと悩みながら撮影した」と伝え、制作陣への愛情をアピールした。

忠武路(チュンムロ:韓国映画界の代名詞)のトップの制作陣が集まって製作された映画「徐福」は、15日に映画館とTIVINGで公開される。

記者 : イ・ユニ