BTS(防弾少年団)のSUGA&J-HOPE&V、新社屋の規模に驚き「生まれて初めて…」

Newsen |

写真=「V LIVE」放送画面キャプチャー
BTS(防弾少年団)のSUGA&J-HOPE&Vが、龍山(ヨンサン)の新社屋について語った。

SUGA、J-HOPE、Vは4月5日午後、NAVERのライブ映像配信アプリ「V LIVE」を通じて、生配信「防弾カフェ龍山店OPEN! ARMY(ファン)と一緒にするティータイム」生放送を行い、ファンのARMYと交流した。

J-HOPEは「僕たちが新社屋でライブ配信をしている」と話し、SUGAは「龍山社屋の3階だ。事務所にスタジオがあるけれど、スタジオの隣の小会議室だ」と伝えた。

SUGAは「色々な飲み物も作ってみて、事務所の自慢もして。ここが3階のスタジオ会議室だけど、かなり大きい。僕は会議室がこんなに多い場所は初めて見た」と明かした。J-HOPEは「思ったよりすごく良い。本当によくできている」と話した。

またVは「僕はこれまで生きてきてこんなに大きな事務所は本当に初めて見る。僕たちがここで感じているのは、『わあ、Big Hit、本当に大きくなったな』」ということだとし、笑いを誘った。SUGAは「もうHYBEになったけど」とつけ加えた。

SUGAは「新社屋の自慢をさせてもらうと、空間がとても楽な雰囲気だ。各自の休憩室もあるし、とても楽だ」と述べ、J-HOPEは「練習室が良い」と振り返った。

SUGAは「BTSの練習室。今日も練習をしてきた練習室がとても大きかった。ほぼ公演会場がくっついているような大きさの練習室は初めて見る。一番大きい練習室を僕たちが単独で使う。練習室の隣に楽屋(休憩室)がある。テレビ局の楽屋より広かった。本当に衝撃的だった」と明らかにした。

J-HOPEは「とても良いシステムだ。さまざまな練習映像を撮れると思う」とし、ファンの期待を高めた。

BTSが所属しているBig Hitエンターテインメントは、3月にHYBE(議長:パン・シヒョク)に社名を変更し、これまでのBig Hitエンターテインメントのレーベル事業部門を単純物的分割し、Big Hit Music(HYBEが株式100%を保有)を新設した。Big Hit MusicにはBTS、イ・ヒョン、TOMORROW X TOGETHERが所属している。

レーベルの領域は、Big Hit Musicの他にもBELIFT LAB(ENHYPEN所属)、Source Music(GFRIEND所属)、Pledisエンターテインメント(NU'EST、SEVENTEEN所属)、KOZエンターテインメント(Block Bのジコ所属)、HYBE Labels Japanで構成されている。

・BTS(防弾少年団)、back numberとのコラボ曲「Film out」オリコンランキングで2日連続1位をキープ

・BTS(防弾少年団)「Spring Day」MV再生回数が4億回を突破!通算11本目

記者 : ファン・ヘジン