「模範タクシー」イ・ジェフン&イ・ソム、スチールカットを公開…激しい心理戦

OSEN |

写真=「模範タクシー」

SBS新金土ドラマ「模範タクシー」がイ・ジェフン、イ・ソムの対立が際立つツーショットを公開した。2人の強烈な対立が早くから緊張感を与える。

SBS「ペントハウス2」の後番組として4月9日より韓国で放送を開始するSBS新金土ドラマ「模範タクシー」(演出:パク・ジュンウ、脚本:オ・サンホ、制作:スタジオS、グループエイト)は「正義が失踪した社会、一本の電話でOK」という、ベールに包まれたタクシー会社の“ムジゲ(虹の意味)運輸”と、タクシー運転手のキム・ドギ(イ・ジェフン)が無念な被害者の代わりに復讐する“復讐代行劇”である。同名のウェブ漫画を原作としている「模範タクシー」は、社会を告発するジャンルに最適化されたパク・ジュンウ監督がメガホンを取り、犯罪アクションの娯楽ジャンルに特化した脚本家のオ・サンホが台本を執筆し、韓国風のダークヒーローが活躍するウェルメイド(完成度の高い)アクションドラマの誕生を期待させる。

そんな中、「模範タクシー」の中心人物であるイ・ジェフン(キム・ドギ役)とイ・ソム(カン・ハナ役)のツーショットが公開され、注目を集める。劇中でイ・ジェフンはムジゲ運輸のタクシー運転手で、悪党狩り専門家のキム・ドギ役を、イ・ソムは犯罪の前では怖いもの知らずな検事カン・ハナ役に扮し、それぞれ正義の実現と公的審判を目標に疾走する予定だ。

公開されたスチールカットでイ・ジェフンとイ・ソムは、ムジゲ運輸の真っ只中で神経戦を繰り広げている。お互いを警戒するように距離を置いて立ち、一寸の譲歩もなく相手をにらむ姿が、まるで猛獣たちの神経戦のようでスティールカットを見るだけで手に汗握る。

強い敵対感が感じられるイ・ジェフン、イ・ソムの眼差しとそれぞれ「切り札」を隠しているような2人が繰り広げる心理戦は、嵐の前夜を予告する。このため「模範タクシー」の本放送で描かれる2人の鋭い対立、そして私的正義と公的正義の激しい衝突が期待される。

SBS「模範タクシー」の制作陣は「イ・ジェフン、イ・ソムが初回放送から薄氷の上を歩くような緊張感を与える。スピード感と緊張感溢れる展開で視聴者の皆さんに極度のスリルと快感を与える予定で、楽しみにしてほしい」と伝えた。

「模範タクシー」は、「ペントハウス2」の後番組として韓国で4月9日(金)に放送がスタートする。

記者 : パク・パンソク