歌手クォン・ドウン、知人から脅迫も?コロナ禍での飲み会開催を謝罪「すべての活動を中断」

Newsen |

写真=クォン・ドウン Instagram
トロット(韓国演歌)歌手のクォン・ドウンが、防疫指針を違反して遊興飲食店を訪問したことを謝罪した。

クォン・ドウンは2日、自身のInstagramを通じて「3月31日の夜10時頃から4月1日の深夜2時頃まで、ソウル某所にある飲食店を訪問し、4月1日正午に公開予定だったアルバム発売を祝うために飲み会を開いた」と明らかにした。

彼は「現在、YouTuberとして活動しているパク・ウシク氏からメッセージと電話を通じて、一種の脅迫を受けている状態だ」とし、「苦しい心境で夜を明かして悩んだ末に、すべての事実を世間に公開して、公人として心から謝罪する」と綴った。

また「僕はとても怖かったし、コロナ禍での防疫指針の違反と、遊興飲食店を訪問したという事実を明かすことで、人々に大きな失望を抱かせることに対する恐怖があり、死にたいとまで思った」と明かした。

最後に「防疫当局の調査要請があれば、誠実に調査を受けて、全ての事実を正直に述べたい。そして、しばらくの間、すべてのバラエティ番組や歌手活動を中断して自粛する。本当に申し訳ない」と謝罪した。

2010年にデビューしたクォン・ドウンは、昨年10月にトロット歌手としては初めて、自身が性的マイノリティであることをカミングアウトし、関心を集めた。

・歌手クォン・ドウン、パニック障害で本日入院「カミングアウト後の誹謗中傷やストレスが原因」

・歌手クォン・ドウン、性的マイノリティであることをカミングアウト「人々の声を代弁する役割をしたい」

【クォン・ドウン 謝罪文全文】

こんにちは。トロット歌手のクォン・ドウンです。

まず、良からぬことでご挨拶することになり、申し訳ありません。

僕は現在、YouTuberとして活動しているパク・ウシク氏から、メッセージと電話を通じて、一種の脅迫を受けている状態です。苦しい心境で夜を明かして悩んだ末に、すべての事実を世間に公開して、公人として心から謝罪する気持ちでこの文章を掲載します。

僕は3月31日の夜10時頃から4月1日の深夜2時頃まで、ソウル某所にある飲食店を訪問して、4月1日正午に公開予定だったアルバム発売を祝うために、飲み会を開きました。そして、僕は4月1日の夜、知人でもあるYouTuberのパク・ウシク氏から、「遊興飲食店にいた他の訪問客から報告を受けた」とし「昨日、飲食店を訪問したか? 公人だから気をつけろ。二度と遊興飲食店を訪問するな」という内容の電話やメッセージを通じて、一種の脅迫を受けました。

僕はとても怖かったし、コロナ禍での防疫指針の違反と、遊興飲食店を訪問したという事実を明かすことで、人々に大きな失望を抱かせることに対する恐怖があり、死にたいとまで思いました。

しかし、僕は他人による暴露よりは、自分自身ですべての事実を公開して、防疫当局の調査と処罰に応じたいという気持ちを知らせるために、マスコミを通じてお話します。

僕は2020年10月、性的マイノリティである人々の人権保護のために、自身が性的マイノリティであることをカミングアウトするという難しい決断を下しました。しかし、防疫指針の違反と遊興飲食店を訪問したという、人々に失望を与える行為をしたことを、現在とても反省しています。防疫当局の調査要請があれば、誠実に調査を受けて、全ての事実を正直にお話します。そして、しばらくの間、すべてのバラエティ番組や歌手活動を中断して自粛します。本当に申し訳ありません。

これまで多くの応援と支持を送ってくださった皆さんを失望させてしまい、改めてお詫び申し上げます。

記者 : キム・ノウル