チャン・ナラ&CNBLUE ジョン・ヨンファ出演、ドラマ「テバク不動産」予告映像第3弾を公開…怒涛の展開

Newsen |

写真=KBS
チャン・ナラとCNBLUEのジョン・ヨンファが退魔デュオを結成する。

4月14日に韓国で放送がスタートする、KBS 2TV新水木ドラマ「テバク不動産」(脚本:ハ・スジン、イ・ヨンファ、チョン・ヨンソ、演出:パク・ジンソク)は不動産業者である“退魔師”が、退魔専門の詐欺師とチームを組んで、廃屋になってしまった不動産物件から幽霊や地縛霊を退治し、彼らの恨みを晴らすドラマだ。クールなチャン・ナラと、ジェントルマンでありながら虚勢を張る一面もあるジョン・ヨンファの演技に関心が集まっている。

3月31日に公開された「テバク不動産」3次予告映像には、脱人間レベルの冷気を感じさせるチャン・ナラと、鋼鉄メンタルでシーンを盛り上げるジョン・ヨンファのやりとりが収められている。

夜に営業を始めたテバク不動産では、ホン・ジア(チャン・ナラ)が「最近この建物で死んだ人がいますか?」「人を殺したことは?」と涼しい表情で聞き、神妙な雰囲気を演出する。続いて、救急室からゆっくりと歩いて出てきたホン・ジアは「私たちテバク不動産は、幽霊のとりついた建物のみを取り扱う退魔専門不動産で……」というチュ事務長(カン・マルグム)の音声と共に、素早く怨霊を見つけ、対峙する姿がカリスマ的だ。

一方、バンの中にいたオ・インボム(ジョン・ヨンファ)は、ホ室長(カン・ホンソク)が「相場通りに売ってくれるって?」と問いかけると「販売物は何にする?」と答え、視線を集めた。

続いてホテルのプールでゆったりと休んでいたオ・インボムは、水の中から蒼白な手が自分に向かってくる悪夢を見て悲鳴をあげながら目覚め、不吉な予感を感じさせた。その後、ホン・ジアに「一緒に作業しましょう」と、ぞっとするような提案を受けるのだった。

オ・インボムに再び会ったホン・ジアは「何? 霊媒?」とあきれているオ・インボムに「1000万ウォン(約98万円)あげるよ」と言って彼をスカウトし、「お金が問題じゃなくて」とそっぽを向くオ・インボムに「2000万ウォン(約196万円)」と意思を曲げなかった。おかげで危険な取引は成立し、「ところでその退魔というもの、どうやるんですか?」というオ・インボムの質問に答えるかのようにホン・ジアが襲ってくる怨霊を見て「今よ! 外して!」とオ・インボムに叫んだ。すぐにオ・インボムはネックレスを外し、ホン・ジアがかんざしを外して本格的な退魔デュオの始まりを知らせ、期待を集めた。

しかし、すぐ次のシーンでオ・インボムの運転する車を走って追いかけるホン・ジアと、恐怖に青ざめて逃げるオ・インボムが現れた。続けて、2つの怨霊に「耐えても無駄よ。早く終わらせましょう」と警告するホン・ジアと、こっそり覗きながら驚愕するオ・インボムの姿が視線を引き付けた。最後のシーンには「あなたは、特別だから」とネックレスをかけてあげるホン・ジアと、これを受け入れるオ・インボムの姿が映し出され、「テバク不動産」にどんな波乱が巻き起こるのか、関心を集めた。

制作陣は「3次予告映像は、クールなカリスマ性溢れるホ・ジアと、図々しいオ・インボムのまったく異なる性格がそのまま盛り込まれている。2人が巻き起こすシナジー(相乗効果)に期待を高めている」とし、「俳優たちの一風変わった演技と見どころが多くある『テバク不動産』にたくさんの関心をお願いしたい」と伝えた。

記者 : イ・ミンジ