ハ・ジウォン&ヘンリー、新ドラマ「ドラマワールド」に出演決定…日本を含むアジア諸国で4月2日より同時公開

TVREPORT |

写真=「ドラマワールド」ポスター
4月2日に初放送される「ドラマワールド」がA+Eネットワークスのグローバルネットワークを通じて、アジア諸国で同時配信される。韓国では「Lifetime」チャンネルを通じて初公開され、オンラインではOTTプラットフォーム「TVING」で独占公開される。

台湾、香港、シンガポールなどの東南アジアでは、グローバルOTTプラットフォーム「iQIYI」を通じて放送され、日本ではローカルOTTプラットフォーム「U-NEXT」が版権を獲得した。

「ドラマワールド」は、2016年にNetflixを通じてウェブドラマ形式で韓国国内で初公開し、この成功に支えられてA+Eネットワークスで制作、投資を行い、テレビチャンネル放送のための13部作ドラマとして再誕生した。今回新しく公開されるエピソードには、韓国を代表する女優のハ・ジウォンとグローバルアーティストであるヘンリーが合流し、注目を集めている。韓流ドラマの定石であるラブコメからファンタジー、80年代のドラマまで、全てのジャンルを網羅したラブストーリーを披露するとし、期待が高まっている。

A+Eネットワークスアジアの代表ショーガト・バナージ(Saugato Banerjee)氏は「A+Eネットワークスはグローバルコンテンツおよび新しい創作物に対する投資を強化してきた。『コンビニのセッピョル』の成功に基づいて、2番目の作品である『ドラマワールド』を公開することになった」とし「今後もアジア各国の現地パートナーとのコラボレショーンを通じて『ドラマワールド』のように差別化されたジャンルのドラマを開発、制作する」と話した。

A+EネットワークスKOREAのソ・ヨンソン代表は「A+Eネットワークスは韓国でローンチ後、短い期間で世界的な水準の韓国プロダクション、プラットフォームパートナー社と共存して、テレビとデジタルの間を行き来するオリジナルコンテンツを積極的に制作している。この度、私たちが制作と投資を行った2番目のプレミアムドラマ『ドラマワールド』を公開することができて非常に誇らしく思う」とし、「多くの視聴者がLifetimeチャンネルを通じて『ドラマワールド』を視聴しながら楽しい時間を過ごすことを願っている」と話した。

記者 : イ・ヘミ