元gugudan キム・セジョン、新曲「Warning」MV公開…爽やかな癒しソング

OSEN |

写真=MVキャプチャー
元gugudanのキム・セジョンが、春を迎えて爽やかな癒やしを届ける。

29日午後6時、各音楽配信サイトを通じて2ndミニアルバム「I'm」全曲の音源とタイトル曲「Warning(Feat.Lil Boi)」のミュージックビデオが公開された。

昨年3月に発売した1stミニアルバム「植木鉢」に続き、約1年ぶりにカムバックした彼女は、「I'm」というアルバム名のように、より一層素直になった自分の話を盛り込んだ楽曲で新たなヒーリングを届ける予定だ。

「I'm」は、キム・セジョンだけの率直な話と感性を詰め込んだアルバム。彼女は今回のアルバムを通じて、休む時は休んでこそ、次に進む足取りが軽くなるという“休んでいく方法”について語る。

特に彼女は前作で収録曲の作詞・作曲に参加したのに続き、今回はタイトル曲を含む全曲の作詞・作曲に参加し、次世代シンガーソングライターとしてより一層成長した音楽的な能力を証明した。

タイトル曲「Warning(Feat.Lil Boi)」は、「誰もが限界を感じる瞬間、休んでいく時は休んでいこう」という温かい意味と慰めを込めた楽曲で、「SHOW ME THE MONEY 9」の優勝者Lil Boiがフィーチャリングに参加して期待を高めた。Lil Boiの愉快なラップとキム・セジョンの温かいボーカルが合わさって、相乗効果を生み出す。

「飛んでいこう、高く / 多くのことを見るほど確実だから / 遠く置くほど軽くなっていくから / Warning! 行ってみよう / すべてはあなたも私も初めてであるはずだから / Warning! やってみよう / 違ったら再び戻って来ればいい 」

また、同時に公開された「Warning」のミュージックビデオは様々なカラーとベッド、鏡、ケーキなど、かわいい小物とキム・セジョンの清純ながらも爽やかな美貌、ハツラツとしたメロディーが合わさって、まるで一編の映画のような感覚的な映像を誇る。

このように感性バラード歌手を抜け出して、新たな挑戦に挑んだ彼女の変身に期待が集まっている。

記者 : チ・ミンギョン