AB6IX、音楽に対する熱い思いを語る「ジャンルに合わせて表情やファッションも…」

Newsen |

写真=「BEAUTY+」
AB6IXのグラビアが注目を集めている。

「ANOTHER FACE」というコンセプトで撮影された今回のグラビアで、荒く反抗的なイメージを表現したAB6IXのメンバーたちは、優れたビジュアルとさらに深まった眼差しで成熟した姿を披露した。

特に、スタッフたちの様々な要望にプロらしく雰囲気をリードし、“次世代グラビア職人”と呼ばれたという。

久しぶりにグラビアを撮影することになりワクワクしていたAB6IXのメンバーたち。音楽活動にイ・デフィは「退屈しない音楽をやりたくて、ジャンルに合わせてボーカルだけでなく、パフォーマンス、表情、ファッションなどについてたくさん研究しています」と伝えた。続いてパク・ウジンは「たくさんの意味を込めて、聴く人たちが慰められる歌詞を書きたいです」と話し、チョン・ウンも「メンバーたちが書いた歌詞が心に響いた時、その延長線上で曲を作ります」と語った。さらにキム・ドンヒョンの「そんなメンバーたちの姿を見て、もっと成長したいと刺激を受けて作詞・作曲をします」という言葉のように、メンバーたちはアルバムとステージに自身だけの特色を込めるため見慣れない、新しい挑戦も厭わない。

アルバムごとに多様なスタイルの歌と見事なパフォーマンスを披露し、ファンを驚かせている彼らのステージは、一夜にして作られるものではない。パク・ウジンは「大変ですが、一度始めたものは諦めません。努力をすれば、いつか結果が出ると思います」と語った。またチョン・ウンが「先にデビューした人たちを見て『今この時期は過ぎていく。僕の番も来る』という気持ちで努力してきましたが、本当にBRANDNEW MUSICに入って素晴らしいメンバーに出会えました」と伝えたように、未来のために努力するメンバーの情熱が集まり、今のAB6IXが完成した。

AB6IXのグラビアは、「BEAUTY+」4月号と公式SNS、ウェブサイトで確認できる。

記者 : パク・スイン