OH MY GIRL スンヒ、先輩TANKからの続く嫌がらせに再び公式コメント「被害者であることに変わりはない」(全文)

MYDAILY |

写真=WMエンターテインメント
歌手のTANKがOH MY GIRLのスンヒに対する暴露を続けている中、所属事務所が公式コメントを発表した。

25日、WMエンターテインメントは公式ファンコミュニティに「スンヒとTANKは韓国芸術高校の先輩・後輩であり、業界の先輩・後輩として過ごしてきた関係だった」とし、「その後、極端な選択をするという連絡を受け、彼を助けたスンヒの優しい気持ちを利用して好意を寄せてきた。スンヒは明確な被害者であるという弊社の立場には変わりはない」と伝えた。

所属事務所は「本件と関連した証拠を集め、法律代理人である法務法人シホンを通じて3月12日、TANKの虚偽事実の流布及び侮辱、脅迫などに対し、告訴状を提出するなど、民・刑事の手続きを行っている。内容証明を届けるべく、ベルを鳴らして本人確認及び住所確認まではしたものの、TANK本人の拒否によって対面できないまま、内容証明のみが届けられた」とし、告訴を知らせた。

同時にTANKの対応に不快感を吐露し、「弊社はTANKの主張とは違い、決して彼にいかなる提案も、懐柔もしていないことを明らかにする。彼のとんでもない一方的な主張と関連して、弊社と共に所属アーティストが言及されることすらとても不快に感じている」とつけ加えた。

また最近TANKが極端な選択を予告するような映像を公開したことに対し、「自身の命を担保にした極端な映像を公開し、多くの方々に衝撃と暴力を加えている」とし「弊社は自分の都合のいいように事実を脚色し、虚偽事実を流布している彼とは一切直接のコミュニケーションはせず、法律に基づいて責任を問う予定だ」と強硬な対応を予告した。

最後にWMエンターテインメントは「このような状況下でもスンヒは、本人を心配してくれる方々のために最善を尽くして予定されたスケジュールをこなしており、弊社も新しいアルバムの準備に専念している」と伝えた。

これに先立って7日、TANKはスンヒを非難するような曲「スニ」を発表し、議論を呼んだ。

WMエンターテインメントは「弊社は全ての法的措置を行っており、今後いかなる合意や善処なしで可能な限り厳重に対応していく予定だ」と警告したが、TANKは暴露を続けている。

・OH MY GIRL スンヒ、先輩歌手TANKから嫌がらせ?事務所がコメント「深刻な苦痛と不安を感じている」

・OH MY GIRL スンヒの同級生、TANKの過去を暴露「衝撃と恐怖を感じた」

写真=TANK YouTubeチャンネルキャプチャー

【WMエンターテインメント 公式コメント全文】

こんにちは。WMエンターテインメントです。

悪意をもって事実でないことを流布し続けているTANKと関連した弊社のコメントをお伝えします。

1.この度の告知を通じて明かしたように、スンヒとTANKは韓国芸術高校の先輩・後輩であり、業界の先輩・後輩として過ごしてきた関係でした。その後、極端な選択をするという連絡を受け、彼を助けたスンヒの優しい気持ちを利用して本人の精神疾患を訴え、好意を寄せ続け、再び極端な選択をするとスンヒにプレッシャーをかけました。スンヒは明白な被害者であるという弊社の立場に変わりはありません。

スンヒは痛みを抱えている先輩のため、多忙なスケジュールの中でも、彼を心配して連絡を取って気を使っていたにもかかわらず、連絡が途絶えると、とんでもない内容で真実を歪曲し、なお継続して真実を脚色し、自身のSNSやYouTubeチャンネルを通じて虚偽事実を流布しました。さらにOH MY GIRLのメンバーたちの個人情報を流出させ、所属アーティストへの被害が日々大きくなっている状況です。

2.弊社は本件と関連した証拠を集め、法律代理人である法務法人シホンを通じて3月12日、TANKの虚偽事実の流布及び侮辱、脅迫などに対し、告訴状を提出するなど、民・刑事の手続きを行っております。

訴訟を準備する過程で、3月9日にTANKが本人のSNSを通じて公開した自宅の住所が、我々が知っている住所と異なり、その確認のために彼の自宅を訪ねたことがあります。内容証明を届けるべく、ベルを鳴らして本人確認及び住所確認まではしたものの、TANK本人の拒否により対面できないまま、内容証明のみ届けられました。

3.弊社はTANKの主張とは違い、決して彼にいかなる提案も、懐柔もしていないことを明らかにします。また、今起きている全ての状況に対して強力な法的対応を取るという立場にも変わりはありません。彼のとんでもない一方的な主張と関連して、弊社と共に所属アーティストが言及されることにすらとても不快感を持っています。彼の主張通り、自身が無念に思うことがあるのならば、警察署に出頭し、明かせばいいことなのに、継続してSNSやYouTubeチャンネルを通じて虚偽事実を流布し、所属アーティストの名誉を傷つけており、弊社と所属アーティストの衝撃と被害も大きくなっています。

4.過去、彼がスンヒに送ったメッセージで「僕が死んだら、僕から送られたカカオトーク(スマートフォンのコミュニケーションアプリ)のメッセージを公開して自分を守るんだな。世間の視線は一人の女性を愛して自ら命を絶ったヘタレだと僕を非難する部類に分けられるだろう」「一部のマスコミは僕が死んだら君が僕を殺したかのように永遠に記憶するだろう」など、自殺を暗示する内容が含まれており、本件に対しては最大限、慎重に対応してきました。

しかし、最終的にTANKは自身の命を担保にした極端な映像を公開し、多くの方々に衝撃と暴力を加えています。これを受け、弊社は所属アーティストのみならず、多くの方々にまで暴力と不快感を与える彼の行為を黙認できないと判断いたしました。

5.弊社は自分の都合のいいように事実を脚色し、虚偽事実を流布している彼とは一切直接のコミュニケーションはせず、法律に基づいて責任を問う予定です。また、今後個人の一方的に脚色した暴露による所属アーティストへの被害を防ぐべく、最後まで最善を尽くし、善処なしで全ての法的措置を取ります。弊社と所属アーティストに対する虚偽事実による被害が続く状況(既存の公開された内容を放置したり、追加で虚偽事実に言及、及び拡大解釈して周りの人々に疲労感を与える行為、2次拡大再生産など、全てを含む)に対しても、追加の法的対応を続けていく予定です。

6.このような状況下でもスンヒは、本人を心配してくれる方々のために最善を尽くして予定されたスケジュールをこなしており、WMエンターテインメントも新しいアルバムの準備に専念しております。

所属アーティストの心配をしてくれているファンの方々には改めてご心配をおかけしてしまい、申し訳ありません。一人の尊い命がかかっていることですので、慎重に対応すべく、公式コメントの表明が遅れてしまった点も、どうかご理解くださるようお願い申し上げます。ありがとうございます。

記者 : クォン・ヘミ