South Club、30日にナム・テヒョンの自作曲「If I were rich」でカムバック!

OSEN |

写真=P&Bエンターテインメント
South Clubが新曲「If I were rich」を発売し、活動を再開する。

所属事務所P&Bエンターテインメントは25日「バンドSouth Clubが30日、新曲『If I were rich』でカムバックする。今回のアルバムは昨年発売した『Rock Star』以来、6ヶ月ぶりに発売するアルバムだ。ボーカルのナム・テヒョンの自作曲で、より一層成長した音楽と感性に出会える」と伝えた。

同日0時、所属事務所のSNSとSouth Clubの公式チャンネルを通じてアルバムアートも公開された。このアルバムアートにはボーカルのナム・テヒョンを連想させる絵と目を覆っている青い手でミステリアスな雰囲気を演出し、視線を奪った。これとともに、新曲のヒントを与える文章が好奇心を刺激した。

South Clubはボーカルのナム・テヒョンとギターのカン・ミンジュン、ベースのチョン・フェミン、ドラムのイ・ドングンで構成された4人組バンドで、2017年「Hug Me」で活動を開始し「Twice」「To My Friends」「Rock Star」などをリリースした。

記者 : ソン・ミギョン