aespa、米ピープル誌の「2021エマージングアーティスト」に選定…世界的な関心の高さを証明

OSEN |

写真=SMエンターテインメント
“グローバルスーパールーキー”aespaが、アメリカの有名雑誌「ピープル」の「エマージングアーティスト」に選定され、話題になっている。

「ピープル」は最近、公式ホームページで「2021年音楽界で頭角を現している才能ある新人アーティスト」30チームを発表した。その中でも、aespaの名前を一番上に掲載し、彼女たちへの関心の高さを改めて示した。

「ピープル」はaespaについて「速いスピードでトップに上がっているK-POPガールズグループ」とし「デビュー曲『Black Mamba』のミュージックビデオはYouTube史上最も早く再生回数1億回を達成したK-POPグループのデビューミュージックビデオだ」と紹介した。

また、「aespaは『DAZED Korea』3月号の表紙を華やかに飾り、ジバンシィ(GIVENCHY)の新しいアンバサダーとしてファッション界でも活躍している」と彼女たちの活躍について詳しく伝え、注目を集めた。

aespaはデビューシングル「Black Mamba」でK-POPグループデビュー曲のミュージックビデオ史上最短で1億回を達成する新記録を打ち立てるとともに、世界95ヶ国の音楽ランキングにランクインした。そして米ビルボードグローバルチャートでK-POPアーティストのデビュー曲として最高ランクを記録し、中国QQ MUSIC韓国チャートで2020年にデビューしたガールズグループの中で一番長く1位をキープするなど、新人として異例の成果をあげ、“グローバルスーパールーキー”らしい存在感を発揮した。

・苦境を乗り越えデビュー!ENHYPENからTREASUREまで、タイム誌が選定した「2021年に注目すべき新人グループ」6組に注目

・aespa、新曲「Forever」が米ビルボードチャートで11位を記録…デビュー曲に続く快挙

記者 : チ・ミンギョン