コン・ユ、映画「SEOBOK/ソボク」について言及“挑戦する価値があると思って出演した”

MYDAILY |

写真=「Esquire」
俳優のコン・ユが「RALPH LAUREN PURPLE LABEL」と共に、男性ファッション&ライフスタイルマガジン「Esquire」4月号のカバーを飾った。「Esquire」のカバー撮影当日、コン・ユはユーモラスな姿で撮影現場の雰囲気を盛り上げた。

彼がスクリーンに登場したのは、2019年の映画「82年生まれ、キム・ジヨン」が最後だ。この日のインタビューを通じてコン・ユは「映画『SEOBOK』の公開時期が予想より遅くなってしまいました。残念ですが、受け入れなければならない現実です」とし「2021年には4月15日にOTTサービスTVINGと劇場で同時公開される『SEOBOK』をはじめ、特別出演作の『ワンダーランド』、後半作業を行っている『静かなる海』などを通じて挨拶することができると思います」と伝え、期待を高めた。コン・ユとパク・ボゴム主演で注目を集めた「SEOBOK」は、昨年の12月に公開される予定だったが新型コロナウイルスの影響で延期された。

2016年、コン・ユは多数の作品が成功し“コン・ユの年”を過ごした。同年「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」をはじめ、スクリーンでは「男と女」「密偵」「新感染ファイナル・エクスプレス」が大ヒットした。

彼は久しぶりの復帰作「SEOBOK」への期待を示し「この作品のジャンルをサイエンスフィクションと紹介してきました。一見、大作のようですが、実は哲学的な話だと思っています」とし「この映画の本質が観客の皆さんに期待していたほど伝わらなかったとしても『挑戦する価値があって、やってみる価値がある話だ』と判断しました」と明かした。

記者 : イ・スンロク