キム・ボム&リュ・ヘヨン出演、新ドラマ「ロースクール」スチールカットを公開…強い同期愛を予告

Newsen |

写真=JTBCスタジオ、スタジオフェニックス、コンガムドンハウス
「ロースクール」でキム・ボムとリュ・ヘヨンの強い同期愛が予告された。

総合編成チャンネルJTBC新水木ドラマ「ロースクール」(脚本:ソ・イン、演出:キム・ソクユン)は、韓国最高の名門ロースクール(法律大学院)の教授と学生たちが、前代未聞の事件に巻き込まれたことから繰り広げられるキャンパスミステリーだ。これまでベールに包まれていたロースクールを背景に激しい競争が繰り広げられる中、正義に満ちた法曹人に生まれ変わる学生たちの成長物語は、この作品のメインテーマでもある。また、その中でロースクールのワントップハン・ジュンフィ(キム・ボム)と、意志と執念の学生カン・ソルA(リュ・ヘヨン)の特別な同期愛は制作陣が推薦する観覧ポイントの1つだ。

スタートから異なるハン・ジュンフィとカン・ソルA。彼らにはスペックからものすごい差があった。ハン・ジュンフィは警察大学出身で司法試験2次合格の実力でロースクールに首席で入学した人物。粘り強い性格で根性のあるカン・ソルAは低所得階層の特別選考で奇跡的に入学した。そして2人の学生の前に置かれたキャンパスの日常も異なる。特に学生たちを最後まで追い詰める授業で悪名高い恐怖の"ヤンクラテス”(キム・ミョンミン)教授の授業時間が、カン・ソルAには厳しすぎる。そんなに残酷と言えるほど多くの課題と試験に苦しみ、想像した以上に茨の道を歩くことになるが、法学には実務者レベルの知識を持っている上、ロースクールの生存に最も重要だという勉強会で皆が望むメンバーであるハン・ジュンフィには、彼女と違った日常が繰り広げられる。

このように違う2人の間にどうやって同期愛が生まれたのか。本日(18日)公開されたスチールカットは、ハン・ジュンフィとカン・ソルAの素敵な友情と心温まるケミ(ケミストリー、相手との相性)が盛り込まれている。性格も成績もあまりにも違う2人だが、競争を好まない性格で心の境界を崩し、“血、汗、涙”を流してこそ卒業できるというロースクールの瞬間を共に分かち合う友達に発展するという。「ロマン」という言葉は贅沢と思われる索漠としたロースクールの中での彼らの特別な同期愛、そして彼らが披露する正義に満ちた姿が期待される。

制作陣は「キム・ボムとリュ・ヘヨンが同じ年頃の人々だけが作れる若いエネルギーで、現場に活力を吹き込んだ。そのエネルギーは映像にもそのまま現われると思う。ロースクールで起こる一連の事件を経験しながら、法曹人という夢に向かって一緒に進んでいく2人の友情と成長を楽しみにしてほしい」と話した。

記者 : キム・ミョンミ