チェ・ウシク&「梨泰院クラス」で話題のキム・ダミ、新ドラマ「その年、私たちは」に出演が決定!再共演に早くも期待

OSEN |

写真=マネジメントSOOP、ANDMARQ
STUDIO N初のオリジナルドラマ「その年、私たちは」にチェ・ウシク、キム・ダミが出演を決定し、本格的な制作に入る。このドラマは「一緒にいて最悪だった。二度と会わない!」という思いで別れた恋人が、10年前に高校時代に撮影したドキュメンタリーが突然人気を集め、再びカメラの前に呼ばれることにより経験する、2人の男女の複雑で微妙な感情を描くラブコメディだ。

チェ・ウシクは「その年、私たちは」でチェ・ウン役を演じる。チェ・ウンは自由で考えが浅い人にも見えるが、人生で初めて欲しいものができ、隠してきた本音を引き出す人物だ。韓国初のアカデミー賞受賞作「パラサイト 半地下の家族」で世界が注目する俳優となったチェ・ウシクは、最近バラエティ番組「ユンステイ」を通じて、優しさと持ち前の魅力を見せ、ホットなスターに成長している。

また、映画界で注目されているキム・ダミは、クク・ヨンス役を演じる。彼女は学生時代には1位になることが人生最高の目標だったが、今は心の傷を抱えて現実に適応し、生きながら大人になっていく人物だ。映画「魔女」で“怪物新人”と呼ばれるようになった彼女は、最近ドラマ「梨泰院クラス」で人気を博し、20代を代表する次世代スターになった。

特にこの2人の俳優は、映画「魔女」で追いつ追われつの関係で強烈な印象を与えたのに続いて、全く異なる2人の男女の10年を行き来する縁を通じて今の世代の夢と愛、人生と成長を見せ、最もトレンディーな成長ロマンスを見せると期待が高まっている。このようにキャスティングだけでも話題になっているドラマ「その年、私たちは」は、STUDIO Nが初めて公開するオリジナルドラマ(全16話)で、今年の下半期に制作を開始する。

「その年、私たちは」は、これまでウェブ漫画の映像化に成功してきたSTUDIO N初のオリジナルIPで、ドラマとウェブ漫画が同時に企画・制作される。ドラマでは成人になった男女主人公を、ウェブ漫画ではドラマのプリクエル形式で彼らの高校時代が描かれ、NAVERのウェブ漫画として連載される予定だ。今までは主にウェブ漫画が映像として作られてきたこととは逆に、ドラマの企画が先で、それに合わせてウェブ漫画を同時に連載するという発想の転換を通じて、マルチプラットフォームコンテンツ企画の新たなページを開くことになった。ドラマとウェブ漫画が一緒に企画される新鮮な方法は、ニュージェネレーションを代表するコンテンツの誕生を予告している。

「他人は地獄だ」から「女神降臨」まで、ウェブ漫画の映像化に成功してきたSTUDIO Nは、最初のオリジナルドラマ「その年、私たちは」の制作に突入し、今後もオリジナル作品をはじめ、ジャンルとメディアを問わず、多様なコンテンツを制作する予定だ。

・チェ・ウシク、バラエティ番組で大活躍!「夏休み」「ユンステイ」で新たな魅力を披露

・「梨泰院クラス」出演キム・ダミ、日本ファンと交流!ドラマの撮影秘話も…イベント映像が1日で再生回数2万回を突破

記者 : パク・パンソク