OH MY GIRL スンヒ、先輩歌手TANKから嫌がらせ?事務所がコメント「深刻な苦痛と不安を感じている」

Newsen |

OH MY GIRLのスンヒが歌手TANK(本名:アン・ジヌン)の非難に対し、正式なコメントを発表した。

8日、所属事務所のWMエンターテインメントは「スンヒと作曲家のTANKは韓国芸術高校の先輩・後輩であり、業界の先輩・後輩です」とし「スンヒは現在、TANKから苦しめられている被害者であることを明確にお伝えします」と明らかにした。

所属事務所によると、TANKは極端な選択をすると言って、スンヒと高校の同級生に遺書を送った。その後、スンヒはTANKが再び極端な選択を試みるかもしれないと考え、彼を応援してきたという。

続けて「この事件をきっかけにTANKは自身を死から救った根拠として精神科の診療記録を送り、過度な執着を始めました。彼は自身が診療を受ける病院の精神科医にスンヒは彼の薬で、『彼女に病気が治るようにこれからもそばで助けてほしい』と言われたとし、精神的に圧力をかけました。また、彼は『愛』という言葉に、実際とは異なる過度な意味を与え、執着するメールを送り、一方的に求愛する事態にまで至りました」と説明した。

最後に「昨年12月7日から現在まで約3ヶ月間、スンヒは深刻な苦痛と不安の中、正常にスケジュールがこなせないほど深刻なパニック障害を訴え、仮に学校の先輩で業界の先輩だとしても、これ以上連絡を続けることができないという判断で連絡を切りました」とし「当社は虚偽事実の流布と脅迫罪、人格権侵害をはじめとする民事・刑事上のすべての法的措置を進めており、今後いかなる合意や善処なしで可能な限り厳重に対応していく予定です」と付け加えた。

TANKは同日午前、自身のSNSとYouTubeチャンネルを通じて新曲「スニ」を公開した。この曲で現ガールズグループのメンバーを匿名で攻撃したが、妄想に基づいた偽りだったことが明らかになった。

・OH MY GIRL、韓国の人気キャラクターポロロとのコラボ第三弾!新曲「BOGGLE BOGGLE」配信がスタート

・OH MY GIRL、EVERGLOW、X1出身チョ・スンヨン「KCON:TACT 3」で特別ステージの披露が決定!

【WMエンターテインメント 公式コメント全文】

こんにちは。WMエンターテインメントです。

まず、所属アーティストのスンヒに関することでご心配をおかけしてしまい、ファンの皆様にお詫び申し上げます。

スンヒと作曲家のTANKは韓国芸術高校の先輩・後輩であり、業界の先輩・後輩です。スンヒは現在、TANKからいじめられている被害者であることを明確にお伝えします。

1. 2020年12月7日、TANKは後輩だったスンヒと高校の同級生に自身の遺書の内容と共に、数分後に自身が極端な選択をする考えで、机の上にナイフが置いてあるという内容のメッセージを送りました。

スンヒは普段からTANKの心理が不安定だったため、実際に極端な選択を試みるシグナルだと思い、ひとつの生命を救わなければならないという気持ちで、普段から彼と曲の作業をしていた知り合いのお姉さんに電話をかけ、状況を説明しました。知人のお姉さんは直ちに警察に電話をかけて通報しました。

2. 知人のお姉さんと一緒に現場に行ったスンヒは、TANKが再び極端な選択を試みるかも知れないと思い、「あなたは誰からも十分愛される人だ」という意味で彼を応援しました。これは、極端な試みを止めようとするスンヒの純粋な努力でした。

3. この事件をきっかけにTANKは自身を死から救った根拠として精神科の診療記録を送り、過度な執着を始めました。彼は自身が診療を受ける病院の精神科医がスンヒは彼の薬で、「彼女に病気が治るようにこれからもそばで助けてほしい」と言われたとし、精神的に圧力をかけました。また、彼は「愛」という言葉に、実際とは異なる過度な意味を与え、執着するメールを送り、一方的に求愛する事態にまで至りました。

4. 自身の感情が受け入れられないと、TANKは自身はすぐに極端な選択をするつもりだとし、マスコミを通じてスンヒは世界中に永遠に記憶に残るだろうという内容を盛り込んだ脅迫のメールを送り、彼女に恐怖感を与えました。

5. 結局、12月7日から現在まで約3ヶ月間、スンヒは深刻な苦痛と不安の中、正常にスケジュールがこなせないほど深刻なパニック障害を訴え、仮に学校の先輩で業界の先輩だとしても、これ以上連絡を続けることができないという判断で連絡を切りました。

6. その後、TANKは真実を歪曲する明白な虚偽事実が含まれた動画や写真などを自身のSNSとYouTubeに掲載しました。

当社はこれ以上、所属アーティストであるスンヒが被害者であるにもかかわらず、まるで加害者であるかのように真実を歪曲し、スンヒの善良な心を利用して持続的にいじめてきたTANKを黙認することはできないと判断しました。

さらに彼はスンヒだけでなく、知人をはじめ、他のアーティストにも常習的に極端な選択を暗示し、精神的な苦痛を訴えるなどの映像とメッセージを送り、苦しめてきたことが分かりました。

当社は、虚偽事実の流布と脅迫罪、人格権侵害をはじめとする民事・刑事上のすべての法的措置を進めており、今後いかなる合意や善処なしで可能な限り厳重に対応していく予定です。

記者 : ファン・ヘジン