OH MY GIRL ジホ、美貌が際立つグラビアを公開「これからも着実にキャリアを積み重ねていきたい」

MYDAILY |

写真=「Singles」
OH MY GIRLのジホが、グループの活動に対する抱負を語った。

本日(2日)、「Singles」がジホのカリスマ性溢れる眼差しのグラビアを公開した。

吸い込まれるような魅力的な眼差しで撮影を始めたジホは、さらにグレードアップした抜群のビジュアルを披露し、グラビア職人としての存在感を示した。

普段から、真似したい私服ファッションの女神と呼ばれる彼女は、太いゴールドのアクセサリーとレザーのロングブーツからカジュアルなデニムスカートまで、多様なルックをスタイリッシュに着こなした。特に、独歩的なカリスマ性を発揮しながらも、清純な微笑みを披露するキャップの魅力に、撮影現場のスタッフらは「ちょっとではなく、すごくドキドキした」という。

昨年末、世間からたくさん愛されたおかげで、忙しくも幸せな時間を過ごした彼女は、より良い姿を見せるためにしばらく休憩を取っている。公式的な活動はないが、変わらずエネルギーで溢れる彼女は「『最後まで、長く耐える人が勝つ』という言葉があるでしょう。デビューしてから今までやってきたことが蓄積され、多くの人が認めてくれたような気がして、とても嬉しいです。これからも一所懸命にキャリアを積み重ねていきたいです」と溢れ出す気持ちを語った。

特に「練習しながら、足りない部分を埋めていくこともリフレッシュになります。個人的にカバーしたい曲やダンスを練習したり、時間が空くたびに基本的なテクニックを身につけています」とし、休憩中にも練習を欠かさない努力家としての一面を見せた。

楽曲が世間からたくさん愛されただけに、次のアルバムに対する負担が大きくてもおかしくないが、彼女は毅然とした表情で「非常に多くの方が、『前回のアルバムがとても良かった』と話してくれますが、私はまだまだ道のりは遠いと思っています。次のアルバムにプレッシャーを感じるのではなく、OH MY GIRLがこれまで地道にやってきたように、また一歩一歩進んでいきたいです」と初心を失わない前向きな姿勢を見せた。

また「結果がどうであれ、一度終わったことに対して深く考えない方です。デビュー以来、いろいろ大変な時もありましたし、うまくやれるのかとたくさん悩みました。けれど、今までやり続けられているのですから、最初私が考えたよりは、間違いなく良い姿だと思います」と語った。

一方、今年でデビュー7周年を迎えるOH MY GIRLは、爽やかな魅力と明るいエネルギーを込めた曲で世間からたくさん愛されると同時に、広告、バラエティ、ドラマなど多様な分野で活躍し、“魔の7年”ジンクス(グループが7年目になるとメンバー脱退や、解散すること)を打ち破った。

特にジホは、伝説的な美人オリヴィア・ハッセーに似ているということで話題になった後、実際にオリヴィア・ハッセーからコメントをもらうなど、眩しい女神のようなビジュアルを認められた。

代替不可能なエネルギーで、自分たちの歴史を作っているガールズグループOH MY GIRLのジホの美貌が際立つグラビアは、「Singles」3月号とウェブサイトを通じて確認することができる。

記者 : クォン・ヘミ