イ・ミンギ&AFTERSCHOOL ナナ主演、新ドラマ「お!ご主人様」予告映像第1弾を公開

OSEN |

2021年のMBC初のラブコメディ「お!ご主人様」がやってくる。

MBCの新水木ミニシリーズ「お!ご主人様」(脚本:チョ・ジングク、演出:オ・ダヨン)は、韓国で3月24日の午後9時20分より放送がスタートする。数々の名作ラブコメディを誕生させたMBCが選択した2021年初のラブコメディであるだけに、関心と期待が集まっている。

そんな中、24日に「お!ご主人様」の予告映像第1弾がサプライズ公開された。男女主人公のイ・ミンギ(ハン・ビス役)、AFTERSCHOOLのナナ(オ・ジュイン役)の甘いケミ(ケミストリー、相手との相性)はもちろん、新鮮なアイデアまでがきらきら輝く40秒だった。

「お!ご主人様」の予告映像は、イ・ミンギとナナが同じソファーに並んで座ってテレビを見る様子から始まる。2人の視線が固定されたテレビ画面には、MBCの人気バラエティ番組「遊ぶなら何する?」が流れている。この時、ナナが不思議そうな表情で「脚本家さん。MBCはどうしてドラマはやらないで、バラエティばかりやっているのですか」と聞く。これに対してイ・ミンギは「やらないのではなくて、できないんだ」とはっきりと答え、笑いを誘う。

ナナが「昔は面白いラブコメディも多かったのに」と残念がると、イ・ミンギは「いつの話をしているんだ」と返す。しかしすぐに「ラブコメディがそんなに見たいのなら、これなんか見たら?」とさりげなく「お!ご主人様」の台本を渡す。また、ナナに「見たら分からないの? 台本だろう。しかも僕が書いた」と自信にあふれた表情で話す。興味深くワクワクする様子で 「お!ご主人様」の台本を見るナナ。そんなナナに向かって優しい微笑みを浮かべるイ・ミンギの姿が交差し、予告映像第1弾は終わる。

「お!ご主人様」で、イ・ミンギは韓国一のドラマ脚本家ハン・ビス役、ナナはラブコメクイーンである女優オ・ジュイン役を務めた。劇中の2人の主人公を絶妙に活用し、2021年のMBCドラマの扉を開けた恋愛ドラマ「お!ご主人様」を、視聴者の頭の中に刻印させたのだ。

同時に“絵柄カップル”として早くから注目を集めたイ・ミンギとナナのケミが際立つ。気難しいようで優しいイ・ミンギ、存在だけでもラブリーなナナ。並んで座り、テレビを見ながら短い会話を交わすだけでもここまで似合う2人が、本格的なロマンスを描いたらどれほどドキドキするストーリーになるのか楽しみだ。第1弾の映像コンテンツが公開され、「お!ご主人様」の初放送に対する期待が高まっている。

「お!ご主人様」は、「ソウルメイト~恋人たちのダイアリー~」「アンニョン!フランチェスカ」「運命のように君を愛してる」など、多くの俳優の最高作を誕生させた脚本家のチョ・ジングクと「番人」「バッドパパ」など、若くスタイリッシュな演出が期待されているオ・ダヨンプロデューサーが意気投合した作品だ。

記者 : パク・パンソク