“ソロデビュー”N.Flying イ・スンヒョプ、新曲「Clicker」ライブクリップを公開…ユニークな演出

OSEN |

写真=FNCエンターテインメント
最近ソロデビューしたN.Flyingのイ・スンヒョプが、新曲のライブ映像を公開した。

イ・スンヒョプの所属事務所FNCエンターテインメントは23日、N.Flyingの公式YouTubeチャンネルを通じて、新曲「Clicker」のライブクリップを公開した。

この映像でイ・スンヒョプは、華やかな照明のビンテージなスタジオを自由に歩き回りながら、完璧なライブを披露している。グルーブ感あふれるサウンドに合わせて、クリッカーを押すと、シーンが切り替わるユニークな演出が目を引く。

イ・スンヒョプは、N.Flyingのリーダーで作詞・作曲を担当するメンバーとしてN.Flyingを大衆的に知らせたヒット曲「Rooftop」をはじめ、「Spring Memories」「Oh really.」「STARLIGHT」など、主要な発売曲を多数手掛けてきた。

ソロデビューするイ・スンヒョプの新曲「Clicker」は、80年代のファンキー音楽のサウンドを90年代のグルービーなヒップホップジャンルで再解釈した楽曲だ。中毒性あるギターテーマとオルガン演奏で楽曲のリズム感を活かし、否定的な考えの枠を「Clicker」というユニークな素材を通じて肯定的に変えようという内容を歌詞に込めた。

ソロデビューしたイ・スンヒョプは、KBS 2TV「ユ・ヒヨルのスケッチブック」の収録を皮切りに、旺盛な音楽活動を繰り広げる。

記者 : キム・ウネ