イ・サンヨプ、新ドラマ「狂わなくては」主演に抜擢!チョン・ジェヨン&ムン・ソリらと共演

TVREPORT |

写真=Woongbin ENS
俳優イ・サンヨプがMBCドラマ「狂わなくては」の主演に抜擢された。

韓国で6月に初放送される予定のMBC「狂わなくては」は、激変する職場で生き残るためにもがく中年たちの激しい生存ストーリーを描いたオフィスドラマだ。会社員なら誰も一度くらいは考えるはずの“退社”“離職”から誰もが自由になれない“解雇”まで、中年会社員たちが生き残るための本格オフィスドラマが感動と共感を与える予定だ。

イ・サンヨプは作中で電子会社事業部のハン・セグォン役を務める。ハン・セグォンはグループオーナーと親戚だが、オーナーファミリーに入れない劣等感を持っている、認められて出世したい欲望が大きい人物だ。また学歴は良いものの仕事は下手な、見た目は華やかだけど中身はみすぼらしいキャラクターとしてチョン・ジェヨン、ムン・ソリと対立しながら劇に緊張感を加える予定だ。

今まで多数の作品で多彩な感情表現と没入度を高める熱演を披露したイ・サンヨプは、次期作としてオフィスドラマを選び、悪役へのイメージチェンジを図る。昨年SBS「グッド・キャスティング」、KBS「一度行ってきました」、KBSドラマスペシャル「恋愛の痕跡」で恋愛感情を呼び起こすロマンチストを演じ、大きく愛されたイ・サンヨプが180度異なる姿でカムバックを予告し、期待を集めている。

MBC新水木ドラマ「狂わなくては」は、「善徳女王」「チュモン(朱蒙)」「ウェルカム2ライフ」などを演出したキム・クンホンプロデューサーと「魔女の法廷」「童顔美女」などを執筆したチョン・ドユン脚本家が意気投合した作品で、俳優チョン・ジェヨン、ムン・ソリ、キム・ナムヒに続いて俳優イ・サンヨプまで出演を確定し、完成度の高い作品の誕生を予告した。

記者 : イ・ヘミ