BTS(防弾少年団)、韓国歌手として初の大記録を達成!米「ビルボード200」に1年連続チャートイン

MYDAILY |

写真=Big Hitエンターテインメント
BTS(防弾少年団)が韓国歌手として初めて米「ビルボード200」チャートで1年連続チャートインをする大記録を達成した。

23日(以下、現地時間)米音楽専門メディアであるビルボードが発表した最新チャート(2月27日付)によると、BTSの4thフルアルバム「MAP OF THE SOUL : 7」がメインチャートである「ビルボード200」で108位を記録した。

昨年2月に発売した「MAP OF THE SOUL : 7」は、BTSのアルバムの中で「ビルボード200」で1位を獲得した通算4度目のアルバムで、発売してから52週連続「ビルボード200」にチャートインした。BTSは2018年8月にリリースした「LOVE YOURSELF 結 'Answer'」で31週連続、合計98週間このチャートにランクインしたことがあるが、52週連続でチャートインしたのは今回が初めてだ。また、韓国歌手としても初の大記録だ。

昨年8月にリリースしたBTSのデジタルシングル「Dynamite」は、ビルボードグローバル(アメリカ除外)チャートで4位を記録した。このチャートは世界200地域以上のストリーミング数と売上を集計してランキングを付けて順位を発表するが、「Dynamite」は最新チャートでも24週連続TOP5に入り、自己最長記録を更新した。

また、「Dynamite」はメインシングルチャートである「HOT100」で45位、「デジダルソングセールス」で2位、「グローバル200」で10位、「カナダホットAC」で25位、「メキシコイングレスエアプレイ」で25位をそれぞれ記録し、グローバルヒットソングの底力を見せた。

BTSが昨年11月20日に世界同時発売したニューアルバム「BE(Deluxe Edition)」と、このアルバムのタイトル曲「Life Goes On」もチャートで変わらない人気を博している。「BE」は「ビルボード200」で74位、「ワールドアルバム」で1位、「インディペンデントアルバム」で11位を記録した。「Life Goes On」は「ワールドデジタルソングセールス」で3位、「ビルボードグローバル(アメリカ除外)」チャートで86位を記録した。

BTSはTwitterで発表した「2020年アメリカで最も多く言及されたミュージシャン」部門で1位を記録した。また、韓国歌手としては初めて本日(24日)午前11時(韓国時間)に放送された「MTV Unplugged Presents: BTS」に出演した。

・BTS(防弾少年団)、バラエティ「You quiz on the block」に出演決定…100分間の多彩なコンテンツに注目

・BTS(防弾少年団)、2020年にアメリカで最も多くツイートされた歌手1位に!錚々たるスターを抑え圧倒的な人気

記者 : パク・ユンジン