BTS(防弾少年団)のV、抜群の運動神経が話題に…テニスウェア姿で完璧なビジュアルを披露

MYDAILY |

写真=「走れ防弾」キャプチャー
BTS(防弾少年団)のVが抜群の運動神経とテニス映画の主人公のようなビジュアルで、テニスの王子“Vダル(V+ラファエル・ナダル)”の誕生を知らせた。

16日、BTSの自主制作リアリティ番組「走れ防弾」は、初の長期プロジェクトに挑戦した。初挑戦種目はテニスで、この日の放送では韓国代表出身のイ・ギュテ選手とクォン・スンウ選手に特別レッスンを受けて練習するメンバーたちの姿が公開された。

メンバーの中で、唯一の両手利きであるVは、左手を使うというメリットで抜群の運動神経をみせ、テニスでの活躍を予告した。特にVは、以前からサッカー、バスケットボールなど球技で抜群の才能を披露してきたため、初挑戦のテニスでも期待を高めた。

レッスン中、クォン・スンウ選手はVの才能に驚き、絶賛した。クォン選手はVのバックハンドストロークが“左手の天才”と呼ばれるテニスの伝説的な選手の1人である「ラファエル・ナダル選手に似ている」と感心した。これにVも「Vダルになる」と意志を燃やした。

テニスに初挑戦したVは、両手ともレッスンを受けて練習する情熱的な姿を見せた。Vはすぐスキルを身につけて才能を見せ、選手たちは「両手利きのテニス選手は珍しい」と彼の才能に注目した。

Vはテニスの才能だけでなく、優れたビジュアルでも視線を奪った。明るい黄色のトレーニングウェアを着て登場したVは、日差しの中テニスを楽しんだ。彼の姿がカメラに収められるたびに、コートは一瞬にして映画の撮影現場に変わり、青春映画のワンカットのようなシーンを完成させた。

正式撮影の他にも、個人的に練習場に訪れてレッスンを受けたVは、ラフなスタイルであるにも関わらず圧倒的なオーラを放ち、撮影中という事実も忘れて集中する姿はファンたちの心をときめかせた。

記者 : パク・ユンジン