オム・テグ&チョン・ヨビンら出演、映画「楽園の夜」4月9日にNetflixで公開決定!世界190ヶ国で同時配信

Newsen |

写真=Netflix
パク・フンジョン監督の新作「楽園の夜」が4月9日、Netflixで190ヶ国に公開される。

映画「楽園の夜」(監督:パク・フンジョン)は、組織のターゲットになった男性と人生の崖っぷちに立たされている女性の話を描いた作品である。「新しき世界」「V.I.P.修羅の獣たち」「魔女」などで、強烈なストーリーと卓越したアクションで、ノワールジャンルで圧倒的な存在感を見せたパク・フンジョン監督の新作だ。

「楽園の夜」は第77回ベネチア国際映画祭のノン・コンペティション部門に韓国映画としては唯一公式出品され、アルベルト・パルベラ執行委員長に「ここ数年間の韓国映画界の中で最も優れたギャング映画の1つである」という絶賛を受けた。

海外有数のマスコミも「パク・フンジョン監督の血が飛ぶ犯罪スリラー。低く演奏していたものが、いきなりボリュームを大きく上げるロックバンドのように、ダイナミズムを強く見せる」(Screen Daily)、「スタイリッシュで予測不許可な犯罪ドラマ。良い構成、面白いキャラクター、そして興味津々なアクションが、バランスよく配置されている」(Hollywood Reporter)などと好評して「楽園の夜」への関心を高めた。

「新しき世界」と「魔女」などを演出したパク・フンジョン監督の「楽園の夜」は、Netflixを通じて世界190ヶ国あまりの視聴者に会うことになっただけに、韓国型ノワールジャンルをもう一度全世界に知らせるきっかけになるものとして、期待を集めている。

「楽園の夜」はオム・テグとチョン・ヨビン、チャ・スンウォンの強烈な相乗効果で注目されている。ここに多数の映画やドラマで、素晴らしい演技を見せてきたイ・ギヨン、パク・ホサンらも出演すると知らされ、強烈なキャスティングラインを完成して期待を高める。

記者 : ペ・ヒョジュ