BTS(防弾少年団)のV、ファンの部屋をイメージした「Curated for ARMY」公開…鉢植えに隠された意味とは

Newsen |

写真=Big Hitエンターテインメント
BTS(防弾少年団)のVが自ら飾った「ARMY(BTSのファン)の部屋」を紹介した。

Vは本日(15日)、Big Hitエンターテインメントの公式ホームページを通して「BE(Essential Edition)」の発売を記念して準備したコンテンツ「Curated for ARMY」を公開した。

昨年11月の「BE(Deluxe Edition)」発売当時はメンバーの個性を生かしたそれぞれの部屋を公開したBTS。今回は彼らがファンのための部屋を作った。「Curated for ARMY」はBTSが自ら飾った「ARMYの部屋」をテーマに、11日からメンバー別に自分だけの感性を盛り込んだ部屋を公開し、ファンとコミュニケーションをとっている。

メンバーが直接描いたイメージの中の小物をクリックするとメンバーの声で録音されたオーディオガイドも聞くことができ、Vも自分が飾った「ARMYの部屋」を説明した。

彼は「僕の部屋にあるものを『ARMYの部屋』にも置いたらどうかと思い、鉢植えをプレゼントした。華麗な飾りや色もないけれど、妙に目を引く。小さな枝が不規則に生えているが、そのような不規則さがさらに注目を集めると思う」とし「ARMYの皆さんも悩みがある時は深く考え込まずに、(鉢植えの)枝のように、自分のありのまま、やりたいことをやっているといつの間にかこの鉢植えのように自然で美しい姿になっているでしょう」と応援した。

また、Vは「同じ曲でもどう聴くかによって雰囲気が違う。LPの音質が最高だという話を聞いたので、『ARMYの部屋』にもプレゼントした」とし「同じ音楽を聴くと感情を共有しているように感じられるので、『ARMYの部屋』に友達を招待する時に使ってみたらどうだろう……寒い冬、温かい気持ちにしてくれるジャズが流れていそう」とターンテーブルをプレゼントした格別な理由を説明した。

BTSは今月19日に「BE(Essential Edition)」を発売する。

記者 : イ・ミンジ