ユ・アイン&ラ・ミラン「第41回青龍映画賞」で男女主演賞を受賞…パク・ジョンミンが故パク・チソンさんに言及するシーンも

MYDAILY |

写真=青龍映画賞事務局、SBS放送画面キャプチャー
「第41回青龍(チョンリョン)映画賞」で俳優ユ・アインとラ・ミランがそれぞれ映画「声もなく」「正直な候補」で男女主演賞を受賞した。最優秀作品賞には「KCIA 南山の部長たち」が選ばれた。

9日の午後、仁川(インチョン)永宗島(ヨンジョンド)パラダイスシティで「第41回青龍映画賞」が開催された。ホストとして選定されたソン・ジュンギが華やかに幕を開け、女優キム・ヘス、俳優ユ・ヨンソクの安定的な進行で授賞式は行われた。

この日、主演男優賞を受賞したユ・アインは「最近、イ・ビョンホン先輩と映画『勝負』の撮影現場で舞台恐怖症について話し合ったことがあります。イ・ビョンホン先輩も舞台にあがると緊張して、観客と俳優の方々に何を言うか、この舞台の重さが重く感じられるといいました。その話を聞いて、舞台で緊張した私の過去の時間を振り返ってみて癒してもらいました」と受賞感想が話題になった過去を思い出した。

続いてユ・アインは映画「声もなく」に出演した理由を明かして「俳優として時間が経つほど、どんな作品に出演するか深刻に悩むようになります。ホン・ウィジョン監督の提案は、俳優として初めてもらった提案だったのです。危険な要素も多く、低予算だから大変で映画の質が懸念されましたが、その作業に参加する過程で最も大事だと思ったのが新しさ、そして監督の倫理意識でした」と告白した。

最後にユ・アインは「映画を通じて何をすべきかを知っている方と作業することができて嬉しかったです。いつ、どこでも、誰にでも使われる準備ができています。思い切り使ってください。これからも俳優として生きていきます。ありがとうございます」と俳優としての意気込みを伝えた。

ラ・ミランは感激の瞬間にも愉快な魅力を披露した。ラ・ミランは「コメディ映画だからノミネートされただけでもありがたいと思っていたのに……なぜ賞までくれるのですか」と話して、感激した心境を伝えた。

続いて「昨年、大変な時期だったので小さな笑いを届けたことに、特別な意味を与えてくれたのではないかと思います」と関係者に感謝の挨拶を伝えた。

また、ラ・ミランは「信じられないですね。青龍映画賞でコメディ映画が賞をもらうなんて、感動的です。『正直な候補』のチュ・サンスクだったら、こんな感想を言ったでしょう。『俳優なら主演賞くらいは、一回もらわないと』と。冗談ですよ」と伝え、愉快さを与えた。

最後にラ・ミランは「『正直な候補2』を撮影しようとしています。来年にも皆さんに愉快さを届けます。そして、また主演賞をもらいに来ます」と宣言して人々を爆笑させた。

最優秀作品賞の光栄は俳優イ・ビョンホン、イ・ソンミン、クァク・ドウォン、イ・ヒジュンが出演した「KCIA 南山の部長たち」が味わった。

ウ・ミンホ監督は「予想もできなかったです。監督賞を予想できなかったので準備していなかったのに、実際に予想できなかったんです。4年前に映画『インサイダーズ/内部者たち』で作品賞をもらいましたが、イ・ビョンホン先輩と一緒に作品を行うと必ず作品賞をもらうようですね。次回も作品賞をもらいたいなら、イ・ビョンホン先輩と作品を行わないとですね」と信頼を示した。

助演賞は「ただ悪より救いたまえ」のパク・ジョンミンと、「サムジンカンパニー1995」のイ・ソムが受賞した。

特にパク・ジョンミンはこの日、昨年、残念ながらこの世を去ったお笑い芸人故パク・ジソンさんに言及して胸を痛めた。パク・ジョンミンは「もしここで、たった一人だけに心を込めて感謝の挨拶を伝えることができるのなら……。この話をしてもいいのかたくさん悩みました」と述べた。

そして「『ただ悪より救いたまえ』を撮影する時に、いつも『大丈夫か』と聞いてくれた友人が一人いました。いつも私の安否を尋ねてくれて、心配してくれた友人が昨年、亡くなりました。その人をまだ送ることができなかったんです。『大丈夫か』と聞いてあげられなかったことについて謝罪したいです。空で見ている姉さんに恥ずかしくない弟になるため、頑張って演技すると伝えたいです」と伝えた。

「サムジンカンパニー1995」でリアルな会社員の演技を披露したイ・ソムは「私は映画が大好きです。この愛情は永遠に続くでしょう。その理由は現場が大好きだからです。今も目標を目指して苦労している方々を尊敬し『頑張って』と言ってあげたいです。私は、私が好きな現場で成長し続ける俳優になります」と感想を伝えた。


一生に一度しかもらえない賞であるためより意味深い新人賞は、映画「めまい 窓越しの想い」のユ・テオと「チャンシルは福も多い」のカン・マルグムが受賞した。

ユ・テオは「全く期待しなかったです。新人であるにも関わらず、監督が私をキャスティングしてくれたことに感謝します。チョン・ウヒさん、ありがとうございます」とし「人生の中で新人演技賞をもらうのが初めてで、また最後でしょう。この瞬間を一生忘れないです。ありがとうございます」と伝えた。

カン・マルグムは「大事な賞をもらえて嬉しいです。昔から人々の夢を映画に制作する作業をしたいなと思っていましたが、『チャンシルは福も多い』を通じてそのような経験をすることができて幸せです」と伝えた。

そして「3年前にシナリオをもらいましたが、撮影から公開までとても幸せでした。キム・チョヒ監督とユン・ヨジョン先輩に感謝の気持ちを伝えたいです。新型コロナウイルスの状況の中でもマスクをかけて映画館に見に来てくださった観客の方々にも感謝の言葉をお伝えます。私はこれからも頑張ります」と意気込みを伝えた。

新人監督賞は「声もなく」のホン・ウィジョン監督が、監督賞は「ユニへ」のイム・デヒョン監督が受賞した。

ホン・ウィジョン監督は「心より感謝します。たくさん緊張してます。このとんでもないシナリオを見て『このままで行こうよ』と言ってくれた代表に感謝します。2人のユニークな好みをいつも支持します」とし「ユ・アイン俳優とユ・ジェミョン俳優がいなかったら、この映画は始められなかったと思います。大好きです」とファン心を伝えた。

イム・デヒョン監督も「全く予想できなかったので、実感できません。この映画に時間と労働力を提供してくださったすべての方々に感謝します。その一人、一人のおかげで映画を作ることができました」と関係者に感謝の挨拶を伝えた。

そして主演俳優であるキム・ヒテ、キム・ソヘについて言及し「この映画はキム・ヒエ先輩がいなかったら、始められなかったと思います。心より尊敬し、ありがたいです。大事な案内者になってくださったキム・ソヘ俳優にも感謝します」と付け加えた。

最後にイム・デヒョン監督は「この映画はクィア映画です。放送をご覧になった方々の中で、この映画のジャンルを知らない方が多いでしょう。今はLGBTコンテンツが自由な2021年です。それが本当に嬉しいです。これからも、もっと勉強して良い映画を作ることができるように頑張ります。ありがとうございます」と覚悟を示した。

会いたかった俳優も登場した。最近、Netflixを通じて公開された「スペース・スウィーパーズ」を通じて久しぶりに観客たちに挨拶したソン・ジュンギは、ホストとして意味あるメッセージを伝えた。

彼は「青龍映画賞、その名前だけでも多くの映画人の心をときめかします。今日の授賞式がちょっと寂しいなと感じるのは私一人だけではありません。我々の明るい笑顔がマスクに隠され、当然で平凡だった日々がなくなり、日常の小さい癒しだった映画さえ楽しむことができなくなった現実が悲しいです」と伝えた。

続いて「2019年の韓国映画の累積観客数は約1億人、2020年は3分の1である約4千万人に止まっていました。このように韓国映画界も止まってしまいそうだったです。だけど、この前例のない状況の中でも韓国映画は走り続けてきました」と希望のメッセージを伝えた。

最後にソン・ジュンギは「今は何よりも我々の安全が最優先ですが、映画はいつも我々の傍で絶対に止まらないです。また安全な日常が一日も早く戻ってくるよう願っております」と願いを伝えた。

・【PHOTO】イ・ビョンホン&シン・ミナ&シン・ヘソンら「第41回青龍映画賞」レッドカーペットに登場

・本日開催の「第41回青龍映画賞」がSBSで生中継…一部編成に変更も

【第41回青龍映画賞 受賞者リスト】

◆最優秀作品賞:「KCIA 南山の部長たち」

◆主演女優賞:ラ・ミラン(「正直な候補」)

◆主演男優賞:ユ・アイン(「声もなく」)

◆監督賞:イム・デヒョン監督(「ユニへ」)

◆助演女優賞:イ・ソム(「サムジンカンパニー1995」)

◆助演男優賞:パク・ジョンミン(「ただ悪より救いたまえ」)

◆チョンジョンウォン短編映画賞:イ・ナヨン、チョ・ミンジェ監督(「糸」)

◆脚本賞:イム・デヒョン監督(「ユニへ」)

◆美術賞:ペ・ジョンユン監督(「サムジンカンパニー1995」)

◆編集賞:ハン・ミヨン監督(「藁にもすがる獣たち」)

◆音楽賞:タルパラン監督(「サムジンカンパニー1995」)

◆撮影賞:ホン・ギョンピョ監督(「ただ悪より救いたまえ」)

◆技術賞:チン・ジョンヒョン監督(「白頭山」)

◆人気スター賞:ユ・アイン、チョン・ユミ

◆新人監督賞:ホン・ウィジョン監督(「声もなく」)

◆最多観客賞:「白頭山」

◆新人男優賞:ユ・テオ(「めまい 窓越しの想い」)

◆新人女優賞:カン・マルグム(「チャンシルは福も多い」)

記者 : クォン・ヘミ