Red Velvet ウェンディ、学生時代の秀才ぶりに一同驚き「オバマ大統領賞を受賞した」

MYDAILY |

写真=JTBC
Red Velvetのウェンディが、大学修学能力試験(日本のセンター試験)の満点獲得者と競争を繰り広げる。

5日に韓国で放送されるJTBC「配達gayo-不思議なレコードショップ」には、2019年度から2021年度までの大学修学能力試験で満点を記録したキム・スソン、ソン・スファン、キム・ジフンの3人がゲストとして登場して、大学修学能力試験ストーリーを伝える。ユン・ジョンシン、チャン・ユンジョン、SUPER JUNIORのキュヒョン、ウェンディの4人のMCはそれぞれ違う立場で彼らに様々な質問を投げかける。

「配達gayo-不思議なレコードショップ」には、外見は普通に見える若者3人がゲストとして招待された。史上最高難易度だったという2019年度大学修学能力試験の満点獲得者キム・スソン、史上最低人数の受験率を記録した2020年度の満点獲得者ソン・スファン、新型コロナウイルス感染拡大を乗り越えた2021年度の満点獲得者キム・ジフンがその主人公だ。

大学修学能力試験の満点獲得者の3人の登場にユン・ジョンシンは「小さい頃から勉強に才能があったのか?」と質問し、チャン・ユンジョンは「全韓国国民の学生の父母から注目を集める質問だ」と付け加えた。

ドラマ「SKYキャッスル」の話のように入試コーディネーターに助けてもらったのかという質問に、2019年度満点獲得者キム・スソンは「助けてもらったことはない。それに母親は僕の成績も知らなかった」と答えた。2021年度満点獲得者のキム・ジフンも「母親がほっといてくれたので、逆に緊張感を持って自ら頑張って勉強した」と、受験生時代の経験について語った。

実際に父母であるユン・ジョンシンとチャン・ユンジョンは「子供たちは、ほっといた方が良いのか」と悟って、子供たちにビデオレターを送った。これにキム・スソンは「ほっといても成績がいい子は、元々頑張る子だ」と繰り返して話し、チャン・ユンジョンは「やはり“ケースバイケース”という意味だね?」とまた確認して笑いを誘った。

チャン・ユンジョンは「これから学生の父母、受験生の皆さんは目を大きくして、耳を傾けてほしい」と伝え、次の質問をする前に雰囲気を盛り上げた。次の質問は、大学修学能力試験の満点獲得者の勉強ノウハウだった。

大学修学能力試験の満点獲得者の3人はスタディプランナーの活用、妨害要素の未然防止などのノウハウを紹介した。特に新型コロナウイルス感染拡大による極限の状況の中で受験生活を送ったキム・ジフンは、自身ならではのノート整理方法を紹介した。自ら整理したノートを持ってきたが、きれいに整理されたこのノートは4人のMCの注目を集めた。キュヒョンはノートを手に取り「持って逃げたい。製本して売ったら、人気あるだろう」と冗談を言って人々を爆笑させた。

ユン・ジョンシンは「キュヒョンとウェンディも芸能界の代表“脳セクアイドル(頭が良いアイドル)”だ」と自信持って2人を紹介した。数学競試大会の受賞者であるキュヒョンは「大学修学能力試験の満点獲得者の前で話したくないよ」と恥ずかしがる姿を見せ、チャン・ユンジョンはキュヒョンに「あなたが私たちの自慢だわ」と勇気を与えた。

ウェンディは留学生時代に学校内トップの優等生だったという事実と、オバマ大統領賞まで受賞した秀才だと紹介された。オバマ大統領賞をもらったことがないという大学修学能力試験の満点獲得者の3人に向かってキュヒョンは「僕らの勝利だ」と叫んでみんなを爆笑させた。

続いてウェンディと大学修学能力試験の満点獲得者の3人は、英語でフリートークをする時間を持った。ネイティブのようなウェンディの英語の質問に、外国語高校出身のキム・ジフンが困惑して言った言葉が現場の人々を爆笑させたという。そんな状況にキュヒョンは「また勝ったね」と喜ぶ姿を見せた。

この他にも大学修学能力試験の満点獲得者の3人が、受験生時代によく聴いた音楽も公開される。歌詞に良い意味が盛り込まれていて受験生時代のキム・ジフンの力になってくれたプレイリスト、「配達gayo-不思議なレコードショップ」初のゲストライブ、キム・スソンがラッパーSwingsのInstagramにまで進出することになったエピソードまで、興味津々な話が公開される予定だ。4人のMCの華やかなライブステージも5日の放送を通じて確認できる。

・Red Velvet ウェンディ、人気YouTuberの収入&登録者数に驚愕!

・Red Velvet ウェンディ、デビュー後初めてメインMCとして番組出演…今後の活躍に期待

記者 : イ・スンギル