元SECHSKIES カン・ソンフン、台湾ファンミーティング中止をめぐる損害賠償訴訟で勝訴

OSEN |

写真=ウリエンターテインメント
元SECHSKIESのカン・ソンフンが、台湾ファンミーティングを推進したウリエンターテインメントとの契約関連の訴訟で勝訴した。

ソウル北部地方裁判所民事12部は先月28日、ウリエンターテインメントがカン・ソンフンを相手取って提起した損害賠償請求訴訟の判決公判を行った。裁判所は、カン・ソンフンが勝訴したとし、「ウリエンターテインメントは、カン・ソンフンに8000万ウォン(約750万円)の遅延損害金を支払うよう命じる」と言い渡した。

裁判所は、契約関係について「公演取り消しの原因は、台湾側の原告の帰責事由により取り消されたと見るのが妥当だ」とし「カン・ソンフンとYG ENTERTAINMENTは、専属契約締結当時、YG ENTERTAINMENTが行う芸能活動と衝突しない範囲内で、カン・ソンフンの個人的な活動を自由に行うことができるようにしていた。台湾の労働部が補完を要求した文書は、雇用主であるウリエンターテインメントとカン・ソンフン、またはこの事件の公演関連の所属事務所であるForever2228との間で作成された、カン・ソンフンの公演参加の意思が確認できる文書を意味すると見るのが妥当であるだけに、何の関係もないYG ENTERTAINMENTの専属契約書、個人活動に関する同意書は、台湾の労働部が補完を要求した文書に該当するとは考えにくい」と判断した。

また「カン・ソンフン側に誤った書類を要求しただけで、適切な措置が取られなかった」とし「この事件の公演取り消しに対する帰責事由が、カン・ソンフン側にあると認めることは難しい」と判決を下した。

カン・ソンフンの法定代理人である法務法人チョンソルのイ・スジン弁護士は「ファンミーティングの主催者である台湾側が、ビザ申請者になれなかった第三の会社に、公演ビザの発給業務を代行させるなど、ビザ申請業務をきちんと行わなかったため、公演が開催されなかったことは明白であり、取り消しに関する責任は相手側にあると確信したため、勝訴することができた」と説明した。

ウリエンターテインメントは、文化体育観光部長官に大衆文化芸術企画業者の登録をせず、カン・ソンフン側と台湾ファンミーティングの契約を締結し、すでに大衆文化芸術産業発展法違反で刑事処罰を受け、ファンミーティングを斡旋した事業家のチ氏は、カン・ソンフンに対する名誉毀損の疑いで罰金300万ウォン(約282万円)の略式命令を受けている。

記者 : チャン・ウヨン