ジス、新ドラマ「月が浮かぶ川」への意気込みを語る“全てを捧げることのできる熱い愛を見せる”

TVREPORT |

写真=VICTORY CONTENTS
新ドラマ「月が浮かぶ川」で、ジスが純情を見せると予告した。

KBS 2TVの新月火ドラマ「月が浮かぶ川」が韓国で今月より放送される。「月が浮かぶ川」は、高句麗が人生のすべてだった王女ピョンガン(キム・ソヒョン)と、将軍オンダル(ジス)の純愛を描くフュージョン時代劇だ。約1500年間伝えられてきた二人のストーリーがどのように再誕生するのか、大きな期待を集めている。

その中でもジスが演じるオンダルに対する関心が熱い。勇敢な将軍でありながらもばかと呼ばれてきたオンダルの本当のストーリーが視聴者の好奇心を刺激しているのだ。さらにメロジャンルで真価を発揮したジスの魅力が「月が浮かぶ川」のオンダルを通じてどのような演技を披露するのか、注目が集まっている。

そんな中、1日に「月が浮かぶ川」側はオンダル役を務めるジスのインタビューを公開した。ジスがオンダルを演じたいと思った理由はもちろん、彼が考えるオンダルの魅力まで語ったインタビューが注目されている。

まずジスはオンダルを「純粋で温かい心を持っている青年」と説明し、「勇敢な将軍でありながらも、優しすぎて“ばかオンダル”と呼ばれた人物を演じるという点に興味があって、この役を演じてみたかった」と同作を選んだ理由を明かした。

続いてオンダルと自身のシンクロ率を聞く質問には「家族を愛する心や純愛を貫く面がオンダルに似ているようだ」と答え、「何かを望まずに善良な行動をするオンダルを学びたい」とつけ加えた。ジスはオンダルの愛は普通の愛ではないと強調しながら、「本当に熱い純情を見せたい。普通の愛ではない、全てを捧げられる熱い愛を見せる」と今までとは異なる姿を見せると約束した。

「月が浮かぶ川」は「暗行御史:朝鮮秘密捜査団」の後番組として15日の午後9時30分に韓国で初放送される。

記者 : イ・ユンヒ