ポン・ジュノ監督、映画「ミナリ」出演のユン・ヨジョンを絶賛“55年の女優人生で最も可愛らしいキャラクター”

MYDAILY |

写真=PANCINEMA
映画「ミナリ」で米映画祭で20冠を達成して連日記録を更新している女優ユン・ヨジョンと「パラサイト 半地下の家族」のポン・ジュノ監督が、マガジン「CINE21」のインタビューを通じて特別な対談を行った。

アカデミー賞の有力候補作である「ミナリ」の主演女優ユン・ヨジョンが、米映画祭で20冠を達成して韓国俳優として初のアカデミー俳優賞を受賞することができるか関心を集めている状況で、世界的にセンセーションを巻き起こした「パラサイト 半地下の家族」のポン・ジュノ監督がユン・ヨジョンと対談インタビューを行って話題を集めている。

「ミナリ」は、希望を追って慣れないアメリカへの移民を選んだ韓国人家族の特別なストーリーを描いたワンダフルなストーリーだ。

今回、世界的に有名なポン・ジュノ監督が祖母のスンジャ役を演じたユン・ヨジョンのインタビューを行った。米メディア「Variety」のチョン・イサク監督とのインタビューを通じて作品に対して爆発的な賛辞を送った彼は、「ミナリ」のユン・ヨジョンとのインタビューでもスタートから熱い愛情を示した。

ポン・ジュノ監督はユン・ヨジョンが演じた“スンジャ役”について「ユン・ヨジョンの55年間の女優人生で、最も可愛らしいキャラクターだ。今まではユニークで強烈なキャラクターを担当してきたけれど、『ミナリ』では普通ではない祖母を演じた。一般的な祖母の姿ではなく、家事はしない祖母キャラクターなので痛快でよかった」と、キャラクターと演技の特別さについて語った。

写真=「CINE21」
スンジャ役を演じるようになった理由について尋ねると、ユン・ヨジョンは「シナリオを読みつくす前にリアルさに魅了されて、すぐ出演を決定した」と明かした。これにポン・ジュノ監督は「感性的な情緒は好まない性格だが、『ミナリ』は叙情的で温かく、懐かしさに浸った感性的な映画ではなかったので良かった」と語った。続いて「ユン・ヨジョンを中心にした俳優たちのアンサンブルも良かった」と語ると、ユン・ヨジョンは「撮影が終わったらみんなで宿で食事を食べて、翌日の撮影のセリフを見直す時間を設けた。『ミナリ』はみんなが一つになって作った映画で、アンサンブルだけは最高だった」と答え、“チームミナリ”のアンサンブルへの期待を高めた。

それだけではなくインタビューでは「ミナリ」の出演俳優に対する話から、劇中の具体的なシーンに関することまで、映画について愉快で深みのある会話を続けて好奇心を刺激した。ユン・ヨジョンとポン・ジュノ監督の対談インタビューの全文は、「CINE21」1292号を通じて確認できる。

「ミナリ」の演出と脚本に参加したチョン・イサク監督は、映画「ムンユランカボ」で「第60回カンヌ映画祭」にてカメラ・ドール(Caméra d'or)、注目すべき視線部門の候補にノミネートされ、映画界で大きな反響を呼んだ名監督だ。また、「ムーンライト」「奴隷12年」などアカデミー賞の作品賞受賞作を誕生させたブラッド・ピットの制作社PlanBが制作を担当し、「ムーンライト」「ルーム(Room)」「レディ・バード(Lady Bird)」「ロブスター(The Lobster)」「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(Florida Project)」など、何度もオスカーレースを成功裏に率いたA24が北米での配給を務めた。

“チームミナリ(スティーヴン・ユァン、ハン・イェリ、ユン・ヨジョン、アラン・キム、ノエル・ケイト・チョ)”は、普遍的かつ特別な韓国家族を完璧な演技アンサンブルで表現して、ハリウッドを魅了している。世界的な俳優として浮上したスティーヴン・ユァンは、家族のために農場にすべてをかける父親ジェイコブ役を務めた。

映画とドラマを行き来しながら活躍しているハン・イェリは、家族を守るために最善を尽くす母親モニカ役を務め、おばあさんらしいというのが何の意味か分からないが、家族を愛する方法をよく知っている祖母のスンジャ役として韓国の有名女優ユン・ヨジョンが出演した。ここに祖母と最高のケミ(ケミストリー、相手との相性)を披露するいだずらっ子の末っ子デビッド(アラン・キム)、母親を慰めることのできる思慮深い娘であり、幼い弟の心強い姉アン(ノエル・ケイト・チョ)まで、激しい競争を経てキャスティングされた活気あふれる子役まで合流して期待を集めている。

ポン・ジュノ監督も熱い支持を送っているアカデミー賞の有力候補作「ミナリ」は、韓国で3月に公開される予定だ。

記者 : クォン・ヘミ