イ・ユビ、大胆なポーズも!アンダーウェアのグラビアを公開…スタイリングのノウハウ明かす

MYDAILY |

写真=「@star1」
俳優イ・ユビが「@star1」とともに、アンダーウェアのグラビアを撮影した。

最近公開された「リーバイス(LEVIS)アンダーウェア」のグラビアで彼女は、細くてグラマラスなボディラインと爽やかなビジュアル、多彩な魅力をアピールするポーズを見せるなど、完成度高いカットを披露。スタッフたちを感心させた。

アンダーウェアのモデルとして抜擢された彼女は「嬉しく思います。数年前にオファーを受けていたら、体に自信がなくて拒絶していたと思います。けれど最近、考え方が変わりました。必ずグラマラスな姿を見せる必要があると思いました」と述べた。

イ・ユビは現在、韓国で放送されるSBS「朝鮮駆魔師」の撮影に集中している。3年ぶりのドラマ復帰作のため緊張しているという彼女は「初挑戦する新しい役です。ですから、台本練習だけを一日に4~5時間ぐらいするほど意欲的です」と伝えた。

昨年11月に韓国で公開された映画「隣人」に関する感想も伝えた。ウンジン役として出演した彼女は「ありがたいです。印象深い作品として残ると思います」と愛情を表現した。

最近彼女は、ファンと積極的に交流するため、YouTubeを開設したという。「I love yub」チャンネルを通じて、日常を共有したいという彼女は「始めたばかりの新人YouTuberですが、一生懸命に取り組んで、銀の再生ボタンの開封動画を公開したいです」と意欲を示した。

普段抜群のファッションセンスで“私服女神”“ワナビーアイコン”と呼ばれるイ・ユビ。彼女にファッションスタイリングのノウハウを聞くと「質より量で勝負しようというタイプなので、安い服を多く購入します。服の購入に、1ヶ月約30万ウォン(約27000円)を使います」と伝えた。

続けて、童顔のビジュアルの秘訣としては「化粧品ダイエット」を積極的に勧めた。「肌に休む時間を十分に与えないといけないと思います。トナーと水分クリームだけ使っています」と述べた。

演技、バラエティなどの放送の活動はもちろん、善行と寄付活動も着実に続けているイ・ユビ。彼女は「良い影響力を与えたくて、寄付や善行も積極的に行っています。ドラマで初主演を務めた時にもらった出演料は、全額寄付しました」と伝えた。

イ・ユビのアンダーウェアのグラビアとインタビューは、スター&スタイルマガジン「@star1」2月号を通じて確認できる。

記者 : クォン・ヘミ