2AM スロン、交通事故で約66万円の罰金刑に…検察が遺族と合意した事実を考慮

Newsen |

写真=Newsen DB
交通事故を起こした2AMのスロンが罰金刑を受けた。

ソウル西部地裁は1月13日、交通事故処理特例法違反の疑いを受けているスロンに、罰金700万ウォン(約66万円)の略式命令を下した。略式命令は、裁判部が正式裁判なしに書類検討の上で、量刑を決めることを意味する。

これに先立ち、検察はスロンが遺族と合意した事実などを考慮して、略式起訴した。

スロンは昨年8月1日、ソウル恩平(ウンピョン)区の道路で車を運転中、歩行者Aさんと衝突した。Aさんはこの事故で亡くなった。事故当時、スロンは飲酒状態ではなく、Aさんは赤信号を無視して横断していたという。

・2AM スロン、交通事故に関する裁判はなしに「略式起訴を決定…遺族と合意したことを考慮」

・2AM スロン、検察に書類送検…交通事故に関する調査で一部過失認める

記者 : イ・ミンジ