2PM テギョン「ザ・ゲーム~午前0時:愛の鎮魂歌~」で除隊後初の主演!“日本でやりたいことはたくさん…恋しいです”

Kstyle |

2PM テギョン×イ・ヨニ×イム・ジュファンが豪華共演! 20年にわたる連続殺人事件に隠された真実と悲しき因縁が交差するサスペンス・ロマンス「ザ・ゲーム~午前0時:愛の鎮魂歌(レクイエム)~」のDVDが本日より発売&レンタル開始となった。

人の目を見ると死の瞬間が見える能力を持つテピョン(テギョン)がある事件で出会った女刑事ジュニョン(イ・ヨニ)は、彼が唯一死の瞬間が見えない女性だった。ある日、偶然見かけた女子学生が午前0時に死亡する瞬間を見たテピョンは、ジュニョンと共に捜査を開始。しかし、そんな2人の前に解剖医のドギョン(イム・ジュファン)が立ちはだかり……!?

この度リリースを記念して、除隊後初の主演を務めたテギョンにインタビューを実施!「いろいろな映画を見た」という役作りの話から除隊後の心境の変化まで、たっぷりと語ってくれた。

【プレゼント】「ザ・ゲーム~午前0時:愛の鎮魂歌~」2PM テギョン直筆サイン入りポラを1名様に! 応募はTwitterをフォロー&リツイート

――出演を決めた理由は?

テギョン:このドラマの台本を初めて受け取った時は、第2話までできあがっていました。サスペンスとしての完成度がとても高く、続きを読むのが楽しみでした。第1話に隠されている秘密の真相が気になり、第2話のエンディングを読んで、これはぜひ出演したいと思いました。

――久しぶりにドラマに出演した感想は?

テギョン:2年間の兵役を無事に終えて、カメラとタイミングを合わせるなど、いろいろなことを忘れているのに気づきました。久しぶりなので緊張もしました。期待と不安が半々でしたが、スタッフや共演者の皆さんが支えてくれました。至らない所の多い僕ですが、皆さんのおかげで早く演技の勘を取り戻せたと思います。

――演じた役について教えてください。

テギョン:僕が演じたキム・テピョンは、人の目を見るとその人の死の瞬間が見えるというキャラクターです。テピョンは幼い頃から、自分自身の死を見つめながら生きてきました。毎日見る自らの死の光景がトラウマになっています。テピョンは「人の死」という運命を変えたいと思っています。他人に聞かれればその人の死を予言し、「運命は変わらない」と言ってはいますが、本当は未来を変えたいと切望している人物です。

(C)2020MBC
――役作りのために、準備したことは?

テギョン:テピョンは第一印象より奥行きのある人物でした。僕が見逃していた部分もあり、撮影に入る前に監督と何度も話をしました。実は最初の2話までの台本を読んだ時には、彼の持つ奥行きまで深く考えられませんでした。でも監督と話し合う中で、彼がどんな人生を歩んできたのかについて、より考えるようになったんです。テピョンは自分がどう死ぬか最初から知っています。人は誰でも時間という概念の中で選択する瞬間がありますよね。その瞬間にどう行動するかを問いかけるドラマなので、いろいろな映画を観て研究しました。例えば、未来は変わらないという視点で考える場合は、「ターミネーター」の時間と空間ですよね。いくら変えようとしても起きることは起きる。逆に、運命は変えられるという展開になった時には、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」です。選択によってはある人が存在しなくなるかもしれない。そういう時間の概念について学べる映画を観ました。選択について考える場合は「メッセージ」(2016年公開のアメリカのSF映画)という映画を観ました。主人公は未来を知りながらも、今現在をどう生きてどう行動するかを選択するという内容の映画です。いろいろな映画を観て参考にしました。テピョンは最初、未来を恐れていますが、自分自身を少しずつ変えていきます。そして、たとえ未来は変わらなくても、今をどう生きるかが大事だということに気づくんです。

――たくさん映画を観たんですね。「バック・トゥ・ザ・フューチャー」まで。

テギョン:昔の映画ですが、時間という概念、タイムパラドックスをうまく描いた映画です。


特別な能力を手に入れるなら?「いいとこ取りで…」

(C)2020MBC
――目の演技をする上で、気をつけたことは?

テギョン:映像を見ると、実際は目がそれほど強調されているわけではありません。「人の死の瞬間が見える」という能力については、監督と時間をかけて話し合いました。僕が人が死ぬ映像を見ている時、それはリアルタイムで進んでいるのか、それとも時間は止まっていて、その映像を僕がジッと見ているのか、そんなことを議論しました。監督によれば、時と場合によって違うそうです(笑)。目の表現シーンが多いということは、目のクローズアップが多いということです。ちょっとした目の表情も映像に出るのでかなり気を使いました。死の光景を見ている時は目がアップになります。焦点を外してみたりいろいろと試してみました。目に演出が集中するのは初めての体験だったので新鮮でした。自分でいろいろやってみて、監督も僕の意見を取り入れてくれました。

――もし人の死が見える人生だったとしたら?

テギョン:テピョンのような人生ですよね。僕にとって、それは悪い人生です。悪いというより、望まないと言うべきかな。考えれば考えるほど、テピョンの人生は孤独でつらいだろうと思います。自分がどう死ぬかは誰もが知りたいことですが、幼い頃から人の死を見続けるのはつらいでしょう。僕なら正気を失ってしまうか、誰とも会わずに家に閉じこもった人生を送ると思います。読書など間接的な体験だけで生きるでしょう。そんな人生は望みません。

(C)2020MBC
――自分自身に予知夢などの特殊な能力は?

テギョン:そもそも、僕は夢をあまり見ません(笑)。でももし予知夢を見る能力があったら、宝くじに当たったりしていいでしょうね。でも僕にはないです。いたって平凡ですよ。

――テギョンさんが欲しい特別な能力は何ですか?

テギョン:テピョンのような能力を持って、それを付けたり消したりできたらいいですね。死を見たい時だけスイッチを入れて、普段は切っておく、それがベストです。いいとこ取り。予知夢……お金もうけにも使えそうですね(笑)。


「ムードメーカーだったけど…」撮影現場の雰囲気は?

(C)2020MBC
――イ・ヨニさんとの共演で何か新しい発見はありましたか?

テギョン:新たな発見というのは特にありませんでした。ただ、前回は撮影期間が短かったし、僕の出番も少なかったんです。でも今回は長い時間を一緒に過ごしましたし、前回の共演では気づけなかったことに気づけました。撮影に対する姿勢や演技に対する姿勢など、今まで知らなかった部分を今回初めて知りました。普通、初めて共演する場合には親しくなるのに時間が必要です。その点、彼女とはすでに親しかったので楽でした。同い年なので互いに支え合って撮影しました。

――イム・ジュファンさんとの共演はいかがでしたか?

テギョン:共演シーンが多くなかったのが残念ですが、一緒に撮影する時は楽しかったです。台本を読んで考えてきたアイデアを僕が現場で出すと、ジュファンさんもアイデアを出してくれます。おかげで躍動感のあるシーンが撮れたような気がします。彼も台本を熟読し、どう演じるか決めてきます。演技の細かい部分まで語り合いました。少なかったとはいえ、待ち時間を2人で一緒に過ごしたこともありました。演技についていろいろアドバイスを下さり楽しい時間でした。

(C)2020MBC
――撮影中の楽しいエピソードは?

テギョン:テピョンが車を爆破させるシーンがあります。ドギョン(イム・ジュファン)と一緒に死のうとするシーンで、ドラマのクライマックスとなる場面ですが、だから撮影に時間がかかりました。その時、僕とジュファンさんの2人だけで、車内で待機したことがあったんです。外では忙しく撮影の準備をしている間、2時間近く雑談しました。演技について、演出について、アメリカと韓国の撮影現場はこう違うとか……。たわいない話もたくさんしました。そんな時間がとても楽しかったですね。

――印象に残っているシーンを教えてください。

テギョン:印象的だったのはドラマの前半、ドギョンの家を訪ねるシーンがあります。ドギョンと僕がお互いに本心を言わず、遠回しに言い合うシーンです。「すべて知ってるからやめろ」と言いたいのに、はっきり言わず圧力をかけ合うんです。台本を読んだ時から緊張感を覚えました。実際に演じた時も、その緊張感がとても楽しかったです。本格的な戦いの前の前哨戦のように感じました。

(C)2020MBC
――撮影現場のムードメーカーは誰でしたか?

テギョン:周りの人たちは僕だと言います(笑)。僕は明るい性格で、沈んだ雰囲気というのが苦手なんです。でもシリアスなドラマなので、そのトーンを維持する必要があります。監督はこう考えていました。「重いシリアスな雰囲気を維持しなければ、俳優が演技に集中できない」。だから現場の雰囲気は決して明るくはなかったです。でも僕自身はそれがつらくて、明るくなろうとしました。話が進むにつれ様々な感情が複雑に絡み合って、現場の雰囲気はどんどん重くなっていきます。誰かを殺したりそれを後悔したり憤ったり。感情が積み重なって僕自身もその重さがつらくなり、カットの声がかかると逃げ出したくなりました。ムードメーカーでしたが、現場の雰囲気はそんな感じでした。

――演じていて難しかった部分は?

テギョン:難しいアクションシーンというのは特になかったのですが、感情面で難しさを感じました。1話から始まった感情が、回が進むごとにどんどん積み重なっていく。人を恨んだり殺したりすること自体が、僕にとって大きなストレスになりました。回を重ねるごとに、感情をどう表現すべきか悩みました。このようにテピョンの感情を積み重ねていく過程が大変でした。


「日本でやりたいことはたくさん…恋しいです」

(C)2020MBC
――除隊後に感じた心境の変化はありますか?

テギョン:大きな違いはありませんが、僕が一番感じたことは、余裕ですね。除隊してから「ザ・ゲーム」の撮影に入るまで5ヶ月ほど時間があったのですが、以前だったら、その時間で何かをしたり、準備していたのですが、今は余裕と忍耐力を少し持てるようになったと思います。

――オフの日の過ごし方は?

テギョン:特に何かしてるわけではありません。はまってることも特にないかな。特別なことはせず平凡に生きてます(笑)。

(C)2020MBC
――最近、ハマっていることや食べ物などがあれば教えてください。

テギョン:今の状況だと外食はあまりできませんが、その代わりにデリバリーを頼んでいるので、少し太ってしまいました(笑)。最近、フォーが食べたくてデリバリーを頼んで食べたのですが、1人前を頼んだのに量がとても多かったんですね。そこで何度も頼んで食べていたら太りました。外にあまり出られないので運動もできず……急に悲しくなりました……痩せなくちゃ(笑)。ともかく、最近ハマっているものはフォーです(笑)。

――自身初となるハワイで撮影したフォトブックが日本で発売され、ファンからは「癒された」「元気が出た」「可愛い」との声があがっていました。撮影時のエピソードがあれば教えてください。

テギョン:わー本当ですか? 撮影中のエピソードというよりは、僕自身が癒されました。僕がリラックスできたことが、皆さんに伝わったのかなと思います。……と思っていましたが、今エピソード思い出しました!(笑)空港でファンの方にお会いしたのですが、朝にワイキキビーチをジョギングしていた時、そこで同じ方にまたお会いしました。それを急に思い出しました。空港でも海岸でも偶然会ったんです。僕についていらしたわけではなく本当に偶然、空港でも海岸でも会ったんです!

(C)2020MBC
――次に来日できたら、何をしたいですか?

テギョン:軍隊に入る前に、日本でグルメ本を出したことがあります。そこに出ているところに行ってみたいとも思っていますし、北海道に行って積もっている雪を見たいですし……うわー! やりたい事はたくさんありますが、全部できるか分からないですね(笑)。ツアーなどで日本に行くと、僕が行くところはある程度決まっているのですが、福岡の中州の屋台で、ビールを飲んだり串焼きを食べたりしたのが恋しいです。公演後に、焼きラーメンを食べたりしたのが懐かしいですね。

――日本のみなさんへメッセージをお願いします。

テギョン:このドラマの最大の見どころは、登場人物たちの感情表現です。テピョンがどんな経験をし、どう感情を表すのかぜひご覧ください。ありがとうございました。

■リリース情報
「ザ・ゲーム~午前0時:愛の鎮魂歌(レクイエム)~」

◯DVD-SET1 本日リリース
¥15,200+税
GNBF-5487/第1話~第8話
【特典映像】約45分(メイキングPart1 15分/製作発表会見映像 30分)

◯DVD-SET2 3月3日(水)リリース
¥15,200+税
GNBF-5488/第9話~第16話(最終話)
【特典映像】約62分(メイキングPart2 19分/キャストインタビュー 43分)

<共通仕様>
本編約480分/DVD4枚/カラー/16:9 HD サイズ
【音声】韓国語 2ch ステレオ ドルビーデジタル【字幕】日本語
封⼊特典:リーフレット 4P
仕様:アウターケース付き

●レンタルDVDリリース
・Vol.1~5 本日リリース
・Vol.6~10 3月3日(水)
・Vol.11~16 4月2日(金)

2020年製作/韓国/全16話
【韓国放送】MBCにて2020年1月22日~2020年3月12日放送
発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント
(C)2020MBC

※発売日・仕様・特典は都合により予告なく変更する場合がございます。

■関連サイト
「ザ・ゲーム~午前0時:愛の鎮魂歌~」公式サイト:https://kandera.jp/sp/thegame/

記者 : Kstyle編集部