キム・ソヒョン出演、新ドラマ「月が浮かぶ川」スチールカットを公開…華麗なアクションシーンに注目

TVREPORT |

写真=KBS
「月が浮かぶ川」キム・ソヒョンの強烈なスチールが初公開された。

KBS 2TV新月火ドラマ「月が浮かぶ川」に対する視聴者の関心が熱い。「月が浮かぶ川」は、高句麗が人生のすべてだった王女ピョンガン(キム・ソヒョン)と、愛を歴史にした将軍オンダル(ジス)、運命に屈しない2人の若者の純愛を描いたフュージョン時代劇ロマンスで、悲しくも美しい物語を展開していく予定だ。

「月が浮かぶ川」に対する大衆の関心、その中心にはキム・ソヒョンがいる。子役からしっかりフィルモグラフィを積み重ね、実力を認められたキム・ソヒョンは、ドラマで高句麗の王女ピョンガンで殺し屋のヨム・ガジン役を演じる。ただ高句麗を正すために自分の人生を捧げたピョンガンの大叙事詩がお茶の間に熱い響きを届けると見られる。

そんな中18日、「月が浮かぶ川」制作陣がピョンガンのキャラクターがそのまま感じられるスチールカットを公開した。刹那をキャッチしたスチールでも強烈なインパクトが感じられる。

公開された写真の中で鎧を着たピョンガンは、圧倒的なカリスマを発散している。まず、馬に乗って走っていくピョンガンの姿から、高句麗王女の気迫が感じられる。広い満州を支配下に入れていた高句麗の王女らしい豪快な姿が見る人を魅了する。

続いて剣を持って戦場を駆け巡るピョンガンが視線を引き付ける。顔についた血は気にせず、戦場を守り、敵を斬っていくピョンガンから近づくことのできないオーラが感じられる。このようにスチールカットだけでも伝わるピョンガンのがむしゃらなアクションが、オンエアで描かれる彼女の熱演を期待させる。

これと関連し、「月が浮かぶ川」制作陣は「キム・ソヒョンは格別な情熱でピョガンに完璧に集中している。華麗で難しいアクションシーンにも、疲れた様子を見せずにやりこなし、現場のスタッフ全員を感嘆させた」とし、「シンクロ率100%で台本の中のピョンガンを描いていくキム・ソヒョンのエネルギーを期待していただきたい」と伝えた。

ドラマ「月が浮かぶ川」は、現在放送中の「暗行御史:朝鮮秘密捜査団」の後番組として2月15日に韓国で放送がスタートする予定だ。

記者 : イ・ユニ