「ブラームスが好きですか」パク・ウンビン“20代最後の作品…プレゼントのようだった”

Newsen |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=NAMOO ACTORS
「ブラームスが好きですか」は「幸せを探して」というテーマに忠実に、登場人物がそれぞれの幸せを探して終了した。パク・ウンビンは「ずっと幸せを探していく過程だと言っていましたが、悲しいエンディングをお考えの方が多かったです。誰もが幸せの道を発見したことに同意できる、幸せな結末という気がしました。ソンアの選択が、本人の意志で決めたということ自体が、幸せな決定だったと思いました」と述べた。

続いて「実は、最後の2話にまとめなければならない内容がとても多くて心配もしていました。女優としては、一話だけで別れが早く描かれたら、もう少し時間を持つことはできなかったのだろうかという気がしたりもしました。同時に、作家さんが内容を築いていく上で必要な回だったとも思いました。残りの時間、再び会って幸せな姿も見せなければいけないのに大丈夫かなとも思いましたが、台本を受け取った後、『作家さんはもう考えをお持ちだったんだな』という気がしました」と述べた。

彼女は「ソンアの幸せを応援してくださった方の中で、本人と似ている点を発見して応援してくださった方がいらっしゃったようです。ソンアが幸せになることを願う心が本人の幸せという感じがしましたが、ソンアの最後を見て満足していただけたのではないだろうかと考えました」とつけ加えた。

「ブラームスが好きですか」でパク・ウンビンは、自身と同い年である29歳のソンアを演じた。20代最後の作品は、かけがえのない良い選択だった。

パク・ウンビンは「これまでたくさんの作品に出演しましたが、同じ年齢の役をやったことがあっただろうかと考えてみても浮かばないです。わずかな確率ではないでしょうか。単に29歳だったからこの役に惹かれたわけではないですが、選択を振り返ってみると、私がもしこの役割をやっていなかったらどうなっていただろうかと思う程、良かったです。ソンアの29歳を過ごし、私の29歳もきちんと整理して、振り返ることができるプレゼントのような時間でした」とドラマに対する特別な愛情を表現した。

彼女は「ソンアは自分がやりたいことと、うまくできることを絶えず考えて悩み、自分の幸せを見つけて何とか自分の足で歩いてみようとします。思ったよりも意志が固い人物です。そのような部分を見て、私も幸せという価値を追求することに同感しました。特にバイオリンにおいては、ソンアと同じように感じました。私もソンアのようにバイオリンがうまくなりたいという思いで熱心に練習しました。練習してみると、自然にソンアに感情移入できました。ソンアを介して29歳を素敵に過ごすことができたと思います」と述べた。

人間パク・ウンビンと引き受けたキャラクターを分離しようと努力しているという彼女は「キャラクターと個人の生活を分離しながら生きることが、個人の安定のためによいと思いました。ソンアならどうだろうかと考えますが、パク・ウンビンならどうだったのだろうかという考えは排除しようとします。そのような気持ちで入ると、時々キャラクターに入り込む際の妨げになりました」と明かした。

彼女はまた「私の人生とは常に区別しようとする方です。個人の辛さをキャラクターに投影させると、キャラクターとして真心を伝えることができないという気がします。涙が出ないからと言って、私の個人的な悲しい経験を思い出しながら演技をするのは、そのキャラクターとして伝えなければならない心が歪む気がして。私は最大限その人物に集中しようとし、その人物としての感情を表現することがより気楽になったと思います」と演技に対する考えを明かした。

続いて「こんなことも考えました。ソンアがバイオリンを愛するように、私も演技を愛しているという事です。ただ、私は演技を手放すつもりはありません」とつけ加えた。

パク・ウンビンは「ブラームスが好きですか」とソンアを選択した理由について、「29歳の私の日常を、ソンアと過ごしたかったというのも大きかったですが、私自身がこの作品で何をやり遂げられるのか、確信が必要であった時に待ってくださっていたチームなんです。それに対する感謝も大きかったと思います」と共にドラマを作った人たちに感謝の気持ちを伝えた。

彼女は「子供の頃、バイオリンに少し接した記憶があったので、いつかクラシック音楽を扱う作品をやりたかったんです。ピアニストやバイオリニストを演じる作品を残したいという欲求がありました。ちょうどこの作品に出会って興味を持ち、その興味をもとに前作とは異なるキャラクターを演じたいという希望も合致しました。イ・セヨン(「ストーブリーグ」で演じた役)の次にチェ・ソンアを演じることができたのは、女優として魅力的な過程でした」と語った。

続いて「『ブラームスが好きですか』は、私の20代最後の作品であり、プレゼントのようだった作品です。視聴者の方々にとっては、雨の匂いがする時、または秋になると思い浮かぶドラマになったらうれしいです」と伝えた。

記者 : イ・ミンジ