後輩女優にセクハラ?俳優ペ・ジヌンに疑惑浮上も…報道を否定“虚偽事実という証拠を確保した”(全文)

MYDAILY |

写真=チャンカンパニー
俳優ペ・ジヌン側が後輩女優に対する性犯罪疑惑と関連して、公式コメントを初めて発表した。

本日(12日)、ペ・ジヌンの法律代理人を担当している法務法人(有限)ヒョンのパク・ジフン弁護士は「ペ・ジヌンに関する虚偽報道自制要請」というタイトルの報道資料を配布した。

ペ・ジヌンの法律代理人は「11日、あるメディアが俳優ペ・ジヌンが後輩女優A氏に対するセクハラおよび強姦未遂の疑惑で警察調査を受けていると報道した(ペ・ジヌンという名前を直接言及しなかったが、該当人物が俳優ペ・ジヌンであることを簡単に把握することができるように記事の内容を構成した)」とし「しかし、俳優ペ・ジヌンに関する各メディアの報道内容は、ほとんどが事実ではない」と反発した。

また「A氏が俳優ペ・ジヌンを“強制わいせつ”で告訴したのは事実だが、A氏の告訴内容は明白な虚偽事実であり、我々はこれに関する多数の証拠を確保した状態だ」と主張して、「逆に報道が出る前からすでに我々は俳優ペ・ジヌンの代わりにA氏を強制醜行罪で告訴したことがある」と伝えた。

そして「俳優ペ・ジヌンに対する根拠のない虚偽事実の流布について、断固として対応する予定だ」と伝えた。

・「グッド・キャスティング」出演俳優、後輩女優にセクハラおよび強姦未遂の疑い…警察が捜査中

【ペ・ジヌンの法律代理人 公式コメント全文】

1.俳優ペ・ジヌンの法律代理人「法務法人(有限)ヒョン」のパク・ジフン弁護士です。

2.2020.1.11.あるメディアが俳優ペ・ジヌンが後輩女優A氏に対するセクハラおよび強姦未遂の疑惑で警察調査を受けていると報道しました(ペ・ジヌンという名前を直接言及しなかったけど、該当人物が俳優ペ・ジヌンであることを簡単に把握することができるように記事の内容を構成しました)。その後、多数のメディアが俳優ペ・ジヌンの実名を言及して、記事の内容をそのまま引き継いで報道しています。

3.しかし、俳優ペ・ジヌンに関する各メディアの報道内容は、ほとんどが事実ではありません。A氏が俳優ペ・ジヌンを“強制わいせつ”で告訴したのは事実ですが、A氏の告訴内容は明白な虚偽事実であり、我々はこれに関する多数の証拠を確保した状態です。そうして逆に報道が出る前からすでに我々は俳優ペ・ジヌンの代わりに、A氏を強制醜行罪で告訴したことがあります。

4.各メディアは俳優ペ・ジヌン側に最小限の事実確認もせず、A氏の悪意的でデタラメな虚偽主張をまるで事実であるように一方的に報道しました。このような行動は、メディアとして最小限の常識と良心まで捨てたものと言わざるを得ません。

5.法務法人ヒョンは俳優ペ・ジヌンに対する根拠のない虚偽事実の流布について、断固として対応することをお知らせいたします。

記者 : パク・ユンジン