元DIA ウンジン、脱退後に誹謗中傷の被害に…悪質ネットユーザーに警告「とんでもないコメントも…放っておいて」

MYDAILY |

写真=マイデイリー DB
DIAの元メンバーのウンジンが、悪質なネットユーザーに警告した。

ウンジンは12日、自身のAfreeca TV(ライブストリーミング配信サービス)チャンネル「ウンジンTV」の掲示板に、「私がグループを脱退してから、ファンだった方がアンチになって誹謗中傷のコメントを残す。とんでもないことを言ったり、私のせいでグループが被害を被ったと言われる」と長文の書き込みを掲載した。

続いて「健康上の問題でやむを得ず脱退した。良いことがあって喜んでグループから脱退したのでもなく、私なりの苦しみがあって大変だったから、昔からの夢だった芸能界を諦めて脱退したのだ。そのような意味で私も被害を受けたと言ったのだ。とんでもない話でTwitterに誹謗中傷コメントを書くのはやめてほしい」と明かした。

そして「他人の人生に関与せず、そんな時間があるのなら自分の人生にもっと気を使った方がいいと思う」と指摘した。

2015年にDIAのメンバーとしてデビューしたウンジンは、2018年に健康上の理由によりグループから脱退した。その後、昨年11月からAfreeca TVのBJ(Broadcasting Jockey:放送司会者)として活動している。

・DIA ウンジン、健康上の問題でグループを脱退「普通の20代に戻り熱心に生きていきます」

・DIA、脱退を発表したウンジン&ファンにメッセージ「決定を尊重し、応援する」(全文)

【ウンジン コメント全文】

Twitterに誹謗中傷のコメントを残す人々へ。

私がグループを脱退してから、ファンだった方がアンチになって誹謗中傷のコメントを残す。とんでもないことを言ったり、私のせいでグループが被害を被ったと論理的ではない話をするけれど、私は健康上の問題でやむを得ず脱退したのに。良いことがあって喜んでグループから脱退したのでもなく、私なりの苦しみがあって大変だったから、昔からの夢だった芸能界を諦めて脱退したのです。そのような意味で私も被害を受けたと言ったのに、とんでもない話でTwitterに誹謗中傷コメントを書くのはやめてください。

私の人生は私のもので、どんな状況での選択であれ、私の人生だから、他人の人生に関与せず、そんな時間があるのなら自分の人生にもっと気を使った方がいいと思います。健康上の問題も私の責任で、私のプライバシーで、私の人生であるように、脱退を選択したのも私の責任で私の人生だから、放っておいてください。

私のチャンネルに来てとんでもないコメントは書き込まないで、時間を無駄にしないで、自分の人生にもっと気を使ってください。私の人生は私が生きますから。私がDIAに言及してもあなたたちとは全く関係なく、見たくないのはあなたたちの問題なんだから、そんなに嫌ならDIAに言及しないから、どうか私の人生から消えてください。悪質なネットユーザーの皆さん。

記者 : ヤン・ユジン